So-net無料ブログ作成
検索選択

Walaしべ長者! [雑記帳]

24_1.jpg

今は昔、マラテに初老の困窮邦人の男が住んでいました。

いや、住んでいたと言う表現は、誤りかも知れません。

何故ならば、彼は、住む家すら持たぬ、スクワッターだったからです。


兎に角、彼は路上生活者でした。

3年前に、当時の嫁と、比国のカビテで暮らすことにしましたが、財産を全て嫁に持って行かれ、家も

追い出されて仕舞って居たのです。


彼は、英語もタガログ語も解せません。

そういう努力は、これ迄に必要ないと考えていたからです。

まあ、比人妻を信じて、頼りきって居たのでしょう。


無一文で、突然放り出されました。

妻には、昔から彼氏が居たのに気付かなかった男です。

何度か、家に戻ろうとしましたが、妻が新たに雇ったガードマンに追い返されました。


こうなると、もう諦めるしか有りません。

男は、その日から早速食うに困り果てました。

しかし、最初から物乞いなど出来るはずも有りません。


食うや食わずで、どうにかたった一人の知人を頼ろうと、マラテまで歩いて来ました。

でも、知人が住んでいるはずのコンドが、何処にあるのかが分かりません。

でも、マラテにある、或る日本食レストランには、その知人の紹介で、数回訪れた事があります。


なので、男は、そのレストランを一生懸命探しました。

が、ある筈べき場所に、そのレストランは見当たりません。

彼は、ここ3日ばかり飲まず喰わずでした。


もし見つかれば、彼の知人の名前を言い、食事をさせて貰おうと考えていた男です。

けれども、そのレストランは、潰れてしまったのか、すっかり無くなって仕舞っていました。

がっかりとしたその男は、その場で織り崩れるようにして、膝を地に付け、頭を垂れてうなだれます。


インターネットも知らない彼は、ネットを通じた友人なども居ません。

そういうものも、一切必要ないと彼は考えて居たので、興味が無かったのです。

しかし、人間の生存欲求というものは恐ろしい物です。


空腹に耐えかねた彼は、近所の公園に行き、そこで、食べ物を漁ることにしました。

幸いなことに、男はここで親切な現地路上生活者と知り合えました。

一度、こういう世界に入れば、慣れるのにそんなに月日は掛かりません。


彼は、現地先輩スクワッターに指導を受け、3ヶ月後には、一人前の路上生活者になりました。

最初こそは、中々一人では物乞いが出来ませんでしたが、今では、一人で堂々と出来るようになった

彼でした。


時には、日本人がその公園の近くを通ります。

そういう時は、彼は日本語で話しかけて物乞いをするのですが、日本人はその男を日本人として見ず、

日本語を流暢に喋る、胡散臭いじいさんと決めつけて、無視してさっさと行って仕舞うのでした。


ある夜のこと、公園で寝ていた彼は、お地蔵様の夢を見ました。

特に信心深くもなかったその男でしたが、一応、彼は仏教徒だったのです。

夢の中で、お地蔵様は男にお告げをしました。


『誰でも良いから、この夢から覚めた後に、最初に出会ったおねえちゃんに物乞いして御覧・・・』

男は、夢から覚めました。

そして、早々お告げを実行すべく、勢い良く立ち上がると、急いで辺りを見回しました。


すると、公園側のKTV勤めの女の娘らしい、如何にも帰宅前という感じの女性が、目に入りました。

男は、すかさずその女の娘に向かって、物乞いをしましたが、慌てていたので日本語でした。

『あれえ、貴方日本人?』


女の娘は、驚いてそうその男に尋ねました。

『うん、そうなんだよ、もう3ヶ月以上もここで物乞いをしているんだけどね・・・』

『可哀想なあ貴方、日本人なのにお金がないの?』


『う、うん、実は嫁にお金を取られ、家も追い出されたんよ・・・』

『カワワカナマン(可哀想)、いいよ良かったら私の家へおいでよ。』

親切な女の娘は、男を自分の住んでいるアパートに招き入れ、食事やシャワーも使わせて来れました。


彼女は33歳で、3歳の男の子が一人居ます。

旦那は、日系企業の駐在員でしたが、子供が生まれた直ぐ後に、音信不通となっていました。

それ迄、生活はその日本人が面倒を見ていてくれたのですが、今では彼女自身が働いています。


子供の面倒は、同居している彼女の従姉妹が見てくれていましたが、今度田舎に帰ることになり、彼女は

途方に暮れていたところでした。

渡りに船で、男はその日から、子守として彼女に雇われることになったのです。


彼女は、自分の息子に、日本語の教育を望んでいました。

何れ、どんな拍子で、日本人の父親と再開するかも分かりません。

その日の為の準備でしたが、日本語しか喋れない男は、当然、子守も全て日本語で行います。


三つ子の魂も何とやら、子供はその日本語を、素晴らしい勢いで吸収していきました。

そうして、五年が瞬く間に過ぎて行った、ある日のことです。

男が、夜のんびりとアパートでテレビを見ていると、一人の日本人が訪ねてきました。


事情を聞くと、どうやら男の子の父親らしいと言うことです。

日本人は、最初は、その男を母親の新しい恋人と勘違いしていましたが、男から事情を聞くと、全てを

納得しました。


男からの話で、自分の息子が日本語が喋れて書けるという事に、大変感激したようです。

その内に、仕事に出かけていた母親も帰ってきました。

男は遠慮し、暫く外に出ていることにしました。


一時間後に部屋に戻りましたが、日本人も、彼女である女の娘も、にこやかな顔で男を迎えました。

ハラハラして出掛けた男でしたが、どうやら二人が仲直り出来たようで、ほっと胸を撫で下ろします。

男はその後、事情を知らされました。


音信不通になった当時、日本人には妻が居ました。

子供が出来たことを何とか隠したい一心で、病気を理由に一方的に日本に逃げ帰っていましたたが、その

後奥さんとは違う理由で離婚・・・


しかも、親が死んだことで莫大な遺産を引き継ぎ、今では会社の社長さんになっているそうです。

今度、フィリピンにも、会社を立ち上げるのだと云い、それと、これを機会に、母親と子供も新たに籍に

入れ、日本で一緒に暮らすのだとも言いました。


日本人は、話の最後に、男に驚くべきことを提案します。

世話になったその男に、お礼として現地会社の責任者を、やって欲しいと言ったのです。

男はそれを聞くと、もう有頂天になりました。


そうして数カ月後、男はある会社の責任者をやっていました。

男には、その会社が何の会社かは分かりません。

『恩返しのための方便だから、社長室にでもずっと座ってれば良いよ。』


男は、日本人からそう説明を受けていました。

そして再び数カ月後、男は逮捕されてブタ箱に入れられました。

罪状は、ビサ無し、労働許可無し、会社は違法操業、日本の会社の脱税用トンネル会社等散々です。


大体、日本人が会社の社長になどは、基本的になれません。

男はいいように利用されただけでした。

日比双方から責め立てられた男は、このまま行けばずっと牢屋暮らしです。


一体、あのお地蔵さんのお告げは、何だったのでしょう?

そもそも、そこが大きな間違いでした。

フィリピンには、神様は居るけれど、仏様は居なかったのです!(爆)



過去記事は、こちらこちらから・・・



nice!(0)  コメント(18) 

nice! 0

コメント 18

Leo

更新御苦労様です。
(早朝に目が覚めてしまうジジイの暇潰しの更新かぁ~)
by Leo (2015-09-23 09:24) 

moimoi

雷音さん

駄目よん、本当の事を言っちゃあ!(爆
by moimoi (2015-09-23 09:28) 

shiNji

おもろかった。???
by shiNji (2015-09-23 11:04) 

萬久

冴えてますね、最後のオチが最高ですなぁ(爆

私の知人は現地で社長やってるらしいですが、これも登録上の社長ではないということなんでしょうねf^_^;)
by 萬久 (2015-09-23 11:06) 

moimoi

神示さん

??? これが意味不明で寝られません!(爆)
by moimoi (2015-09-23 11:15) 

moimoi

お萬殿


マニラでは、皆シャッチョさんです。(爆)
by moimoi (2015-09-23 11:16) 

パパ

ワロタw
by パパ (2015-09-23 11:41) 

moimoi

パパさん

ウレシ!(爆
by moimoi (2015-09-23 12:05) 

菩薩

藁→wala→笑!
by 菩薩 (2015-09-23 18:18) 

moimoi

菩薩はん

分かって頂いて、光栄です!(爆
by moimoi (2015-09-23 18:49) 

誰でしょうなぁ・・・・

やべ・・・まともに読んでもうたw

しかしま・・・・・ぴか師匠ならではの落ちw

面白かったw
by 誰でしょうなぁ・・・・ (2015-09-23 20:30) 

moimoi

とろ吉どん

珍しくおまいさんに褒められて嬉しいよ・・・(瀧涙)
by moimoi (2015-09-23 21:14) 

洗濯屋

なんか、いつか何処かで読んだ日記に若干の修正が入っただけと感じるのは私だけ??・・(笑)


by 洗濯屋 (2015-09-23 22:39) 

洗濯屋

PS: ジャカルタでもクタでもパタヤでもネ~ちゃんは自分の事をシャッチョ~と・・(自爆)

ニノイアキノ空港でも空港スタッフの野郎にシャッチョ~と・・・!!
金が欲しい時は日本人にシャッチョ~と言えばと東南アジアでは・・(笑)

東洋人の中から日本人だと見分けがすぐ付くのにワランペ~ラと金持ちか見分けがつかないだね♪

おいらにシャッチョ~と言ったてワランペーラなので屁が出るくらい・・プッ♪
by 洗濯屋 (2015-09-23 22:49) 

moimoi

洗濯屋さん

気のせいです(爆
by moimoi (2015-09-24 03:53) 

moimoi

ランドリーさん

シャッチョー、今度奢って下さいね!(爆
by moimoi (2015-09-24 03:55) 

五右衛門

ジャピーノ産ませた日本人悪いですね。騙した奴より騙された奴が悪い風潮が有るのはどうかと思いますね〜あっ、これは小説で実話ではなかったのかな?ホントは筆者の体験かな?
by 五右衛門 (2015-09-26 08:58) 

moimoi

五右衛門はん

ある意味、私の体験談も入っていますが、子供は他所では

作っていません。(笑)

作って逃げた友人は、過去に居ます。

それ以来、私とも音信不通ですね。

こういう問題は、ありとあらゆる所に波及するので怖いです。
by moimoi (2015-09-26 09:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。