So-net無料ブログ作成
検索選択

日比結婚が、上手くいく方法を検証する! (後編) [検証]

002699970-1_m.jpg

さて、一昨日の前編、昨日の中編が終わり、いよいよ後編に入ります。

でもまあ、書けば書くほど、泥沼に入りそうですな。(笑)

元々、解決策など、有って無いようなものです。


以前の記事にも、そう書きました。

では、本題・・・

『貴方は、家族ではない』


これは、自己防衛から来る『虚勢』ではないとかと書きましたが、ブロ友からそれは違うとの指摘を受けました。

『虚勢ではなく、正しく本音』だと・・・

実は、そうだとも言え、そうでないとも言えるのです。


この記事の時も、そうでした。

比妻は、一旦感情的になると、言語に見境いが有りません。

罵詈雑言(ばりぞうごん)が、山程出ます。


しかし、旦那の方も、負けてばかりはいられませんや。

目には目を、言葉には言葉をで、お互いが罵り合う結果が、多く見受けられます。

仕方のない事ですが、お互いの理解が全く足りていません。


理解とは、お互いが歩み寄ることでは無いですし、議論で打ち負かすことでもないですね。

お互い、育った環境が異文化です。

国際結婚は、異文化と異文化が接触するのですから、摩擦の発生は必然と言って良いでしょう。


それを、一方的にどちらかが合わさそうとするから、相手が猛反発するのです。

以前の私の結婚は、日本での生活が始まりでした。

ところが、今の嫁との生活は、一から比国です。


日本で暮らす場合は、ある程度日本の文化や習慣に、馴染んで貰うのは当然でしょう。

で、なければ暮らせません。

私は、比国に移住した3年後に、今の嫁と結婚しました。


つまり、ある程度、比国の文化に馴染んだ後に結婚したのです。

これは、ある意味大きかったと実感しています。

タレントと結婚し日本で暮らす場合、如何に彼女に来日歴があるとはいえ、一般生活となると戸惑うでしょう。


日本人が、観光で何度も比国を訪れていても、現地で暮してみない限り、分からないことが多いのと同じですね。

その分からない者同志が、結婚するんですよ。

極論を言えば、無謀です。


でも、好きで好きで堪らないから結婚をする・・・

恋は盲目ですから、それはそれでおめでたいのでしょう。

しかし、そのまま突っ走ったままで、本当に良いのでしょうかねえ・・・


では、結婚後のお互いの不安を払拭して置くために、こういうのはどうでしょうか?

結婚する前に、お互いが誓い言をしておくのです。

まあ、原点をはっきりとしておくのですな。


① お互いがお互いの文化を、理解する努力をすること。

② 但し、生活に必要以外の自分の文化を、決して相手に強要しないこと。

③ 喧嘩をしても、必ず1時間後にお互いが話し合うこと。


こんな、簡単な事でもよいでしょう。

(何とまあ、幼稚なことを・・・)

そう思われる方も、多いでしょうね。


でも、好きで好きで堪らないから結婚するんですよ。

それが、原点でしょう。

何でも良いから、兎に角自分達が、原点に戻れる準備をしておくのです。


結婚を決めた時に、相手にそれを見せ、納得して貰ってから結婚するのです。

出来るなら、神前でも仏前でも良いですから、二人がそこで誓うべきですね。

如何に、てんぷら仏教徒や見せ掛けキリスト教徒でも、神聖な場所で誓ったことは、少しは覚えているでしょう。


と、ここまで書きました。

となると、当然読者の皆さんは、こう思うでしょうね。

『結婚して長い俺達は、どうしてくれる?』


原点を作ってないでしょうから、修復は大変でしょうな。(笑)

でも、思い出は必ず有るはずです。

写真が有るでしょう、写真が・・・


その写真を見ながら、その当時のことを振り返るのも一つの手ですね。

あの頃を思い出しながら話をすれば、キッカケ位は作れるような気がします。

まあ、戻りたくない人は別ですよ。


又、一方的に相手を屈服させたい人も、もう無理ですね。

もう一度やり直したい人は、新たな誓いをするのも良いでしょう。

今迄、何の波風が起きなかったご夫婦も、如何ですか?


『転ばぬ先の杖』で、この際、原点の確認作業を夫婦で行う・・・

喧嘩の原因は、人さまざまです。

しかし、その根底には、相手の文化を理解していないという、欠陥が有るのです。


相手が、自分の事を理解して呉れないと嘆くより、自分が相手のことを理解していない方が問題ですね。

繰り返し言いますが、これはお互いにですよ。

一方的な理解ではなく、あくまでも相互理解ですね。


相手を納得させる、努力を怠ってはいけません。

長々と、書きました。

最後に、皆様の夫婦生活が、より良いものとなるように、お祈りしております! アーメン!(爆)




nice!(0)  コメント(16) 

nice! 0

コメント 16

お山の徘徊人

思ったことを溜め込むのは良くありません。
口喧嘩はするべきです。でも後にまで残る喧嘩は良くありません。

私個人は思ったことをその場で直ぐ口に出してしまいます。気が短いのです。
義妹や義母とも同様です。子供たちを叱る時も。

ですが3~5分もすれば機嫌は直っています。

それを結婚してからずっと続いています。
今ではその私の性格をみんな承知してますので、全員がやはり直ぐ機嫌が直り何事も無かった状態に戻ります。

私がどんな不満を持っているか、何を心配しているか家族には直に分かります。家族の思いも私に直ぐ伝わります。要するに私流のコミュニケーションになっています。

本当はなにを言ったか3歩あるけば忘れるんです。(ニワトリか?)
by お山の徘徊人 (2015-09-28 08:48) 

moimoi

山奥屋さん

コミュニケーション何て、理屈じゃないんですよね。

夫婦修復の方法論を書いてみましたが、やはり最後は人間性です。

お互いの、信頼度と言って良いかもしれません。

でも、それは人生経験豊富なおやじさんならではでしょう。

甘いも酸っぱいも知り尽くしているからこそ、なせることです。

そろそろ、辛い人がやって来ます。

今日は、どんなコメントを入れて来るのやら‥‥‥(爆
by moimoi (2015-09-28 09:06) 

Leo

なるほどねぇ・・・

「若くて可愛いPナちゃんとの結婚・・・」自分の娘より若い
下手したら孫娘と間違えられるよなの餓鬼と結婚したいい歳したオヤジが
同じ目線で喧嘩,罵声を浴びせ合う事が理解できなぁ~
と言うか、いい歳したオヤジなんだから、相手の言い分を上手く聞いた振りして
タイミングを見計らって、上手く言い聞かすことが出来んのかなぁ~

「Pナ聞く耳を持たない・・・」こんな意見もあり、俺も否定しないけど
結婚って、何年,何十年と続けるモノだから、必ず言い聞かせる対
タイミングはある筈、それを見逃すから、また同じ喧嘩をする事になるのよ!

いい歳オヤジがもっと大人になる必要があるよ!『幼稚過ぎる!』

あぁ~幼稚だから、国際結婚相手選びとPPのショーアップの区別が付かずに
「若くて可愛い姉ちゃん」こんな基準しか持てないのですねぇ!(爆
by Leo (2015-09-28 09:07) 

moimoi

雷音辛口大魔王さん

お待ちしておりました。(笑)

確かに、言い聞かすというか、話し合うタイミングを完全に逸した夫婦が

多いのでしょうね。

言葉の壁も、有るでしょう。

しかし、それを言い訳にしていては、国際結婚は全て不幸になります。

やはり、結婚前の充分な話し合いは、有って然るべきでしょう。

今日も、耳の痛いコメントを、有難う御座いました!(爆
by moimoi (2015-09-28 09:16) 

誰でしょうなぁ・・・・

一番は年相応の相手にすることだと思うのはおいらだけ?
若い子にするから・・・・・以下自粛
by 誰でしょうなぁ・・・・ (2015-09-28 14:22) 

shiNji

一人の人間として結婚するってことが何なのかを見極めておくべきでしょう。
まったくの他人を自分と一体に思えば気持ちも楽になるのではと私は思う。

彼女の思いや希望は自分のことと同じに考えれば全て解決ですは、夫々が己を中心に考えを巡らせばお互いの気持ちはずれていきますね。

なので、相手の全てを受け入れないのならば結婚はしない方が辛い結果を
産まないでしょう。
by shiNji (2015-09-28 15:04) 

moimoi

おとろちゃん

まあ、若いカップルの方が、言葉の壁、文化の壁を乗り越えやすいのかな?

中々、無いケースだけど・・・(爆
by moimoi (2015-09-28 15:12) 

moimoi

神示さん

一旦、P型脳炎菌を頭に埋め込められてしまうと、ブレーキが効かなく

なりますな。(笑)

それで、何も考えずに、結婚まで突っ走ってしまう人が多いのでしょう。

相手のことを思いやるとか、全てを受け入れるとか、もう少し冷静になって

考えておけば良かった話ですね。
by moimoi (2015-09-28 15:15) 

こき麻呂(^O^)

お互いが自分の国の常識だけで話し合っても噛み合いませんからね。
その国民性の違いに気づくまで、長い年月が必要だと思います。
それまでに破たんしないことを祈りましょう。ザーメン('ω')ノ
by こき麻呂(^O^) (2015-09-28 20:44) 

moimoi

古希さん

ですよねえ・・・

破綻する前に、もう少し、もう少しだけ考えて見ることだけのことです。

難しいと考える前に、少し歩み寄るだけですね。
by moimoi (2015-09-28 20:48) 

萬久

相互理解、これは相手が日本人だとしても度合いこそ違いますが大切な事ですね。
相手が外国人の場合はより一層思いやる気持ちを持たないと続かないでしょう。
双方が歩み寄り、相手の立場に立ち話し合う事が大切ですね。
ただし、お互いがそう出来る相手でないとそれは成立しません。
嫁探しの段階から充分に考え、若いから、マガンダだからだけでなく、性格重視の視点で吟味しないといけないと思います。
うちの場合は偶然にも少しはマシな相手に出会えたので、後は捨てられない様に唯々諾々で後について行くだけだす(号泣
あ〜こんなはずじゃなかった(T_T)
by 萬久 (2015-09-28 21:53) 

洗濯屋

来るもの拒まず、去る者は追わずで、色々と体験しましたが若くて魅力的な娘が良いのは当たり前ですが嫁にする女性と彼女として遊ぶのは別に考えないと

若くても、しっかりした子もいますが、やはり結婚を考えると・・・!!

自分は嫁を貰うと言うよりも養女として自分の娘を貰うくらいのつもりでないと駄目だなと感じます。

生活を互いに助けあって生きて行くと言うより、新しい娘の世話をするつもりで苦労をしょい込む覚悟が ないと難しいだろうと・・!!

by 洗濯屋 (2015-09-29 00:20) 

moimoi

お萬ちゃん

一体、どっちやねん?(笑)

まあ、しっかりした奥さんで良かったですな。

後は、貴殿が一生付いて行くだけです。(爆

早く、移住してきてね!


by moimoi (2015-09-29 03:32) 

moimoi

洗濯屋さん

その通りかもしれません。

相互理解と言っても、やはり旦那主導でやらないと無理でしょう。

まあ、娘の世話をするという覚悟でというのは、良いですね。

で、彼女の家族の世話は、誰がするんですか?(爆)
by moimoi (2015-09-29 03:35) 

イカ

うちもほぼ毎日罵しり合ってますけど憎めない所も有りますが
殺意は消えませんw

夫婦喧嘩で前科者ですから〔自爆〕

by イカ (2015-09-29 11:56) 

moimoi

烏賊男どん

夫婦喧嘩は、犬も食いません。

でも、奥さん料理上手なようで、良かったねえ・・・

ついでに、夫婦喧嘩も料理して貰いなさい!(爆
by moimoi (2015-09-29 12:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。