So-net無料ブログ作成
検索選択

バギオ貧乏旅行記 総集編 『後編』  [旅日記]

画像 204.jpg

二日目の朝は、ここからスタートしました。

バギオ大聖堂ですな。

ホテルから、歩いて2分の所にあります。

画像 221.jpg

ここは、私のお気に入りのスポットでもあります。

日本のお寺もそうですが、こういう侵しがたい空間って、良いですねえ・・・

バクラーランの教会などと違って、喧騒さなどは皆無ですわ。


しかし、ここは1990年7月に起きた、バギオ大地震の時は、多数の死者を出したところです。

この建物も例外ではなく、かなりの損傷を受けましたが、数年掛かりで修復しました。

今のSMのある地には、当時ハイアットホテルが有りましたが、その時の地震で倒壊しました。


SMは、その跡地に建てられたのですが、その為に、今でもSMには亡霊が棲むと言って、地元の

人々は噂をして止みません。

まあ、幽霊好きな国民ですから、こういう心霊スポットも、観光の目玉なのでしょうね。(笑)


画像 179.jpg


さて、次に行ったのは市場ですが、写真は後で公開しますね。

その後は、バーンハム公園に行きました。

ここで、ボートに乗ったり、サイドカー付き自転車を乗り回したり、楽しい時間を過ごします。

画像 116.jpg

画像 180.jpg

さて、上の写真は何でしょう?

檻のついた建物のように見えますが、実はトイレです。(^^)

わざわざ、クリーン(綺麗な)コンフォートルーム(トイレ)と書いてありますな。


敢えて、そう書かざるを得ないような、汚いトイレが他に多いからですかねえ?

バギオ中に、こう書かれたトイレを見掛けましたわ。

例外なく、全て有料(5ペソ)でしたが・・・

画像 183.jpg

さて、ここが終わると、いよいよ昼食です。

以前から、ここに来たら行ってみたいレストランがありました。

写真の、『CHAYA』レストランです。


画像 185.jpg

日本語表記なら、きっと『茶屋』なのでしょうね。

日本人経営で、2年前にオープンしたばかりです。

画像 187.jpg

店内ですが、木目調で統一されており、心が落ち着くようなデザインですね。

画像 189.jpg

店奥のソファー席ですが、壁に掛かっている布は販売されていて、1枚2万ペソだそうです。

ここでの売りは、何と言ってもバギオの新鮮野菜でしょう。

頼んだ物の中に、天麩羅の盛り合わせがありましたが、それの野菜が絶品でした。

画像 192.jpg

写真は、クリックして是非アップでご覧下さいね。

カボチャや茄子やオクラなど、全てが味が深く甘いのですわ。

これには、私が目覚めました。


これまでは、野菜の美味しさを、すっかり忘れていたのですな。

マニラに戻る日の朝、私は市場に急行しました。

この新鮮な野菜を、是非マニラまで持ち帰ろうとしたのです。


帰路につく、バスの出発時間のギリギリまで、私は市場中を駆けずり回りました。

さあ、そこで集めた野菜達をご紹介しましょう。

先ずは、茄子ですな。

画像 214.jpg

マニラで売られているような、細長い痩せこけた茄子も有りましたが、これは形が違います。

画像 218.jpg

人参君です。(笑)

これが、抜群に甘かったのですよ。

画像 216.jpg

有機野菜トリオです。(笑)

画像 217.jpg

最後はこれ、何だと思いますか?

サボテンのように、棘が生えていますよ。

じつはこれ、サヨテ(隼人瓜)の一種なのだそうです。


ティノーラという、鶏を使ったスープ料理に使用しますが、実際に嫁が作ったのを試食すると、全く

違う味のように感じました。

兎に角、これも甘くて深い味でしたね。


さて、私ですが、どうやってこの野菜達を食べたのでしょう?

前日の定例会を1日ずらして貰い、仲間内と一緒に、ここで調理をして貰ったのですわ。

http://kotoramalate.web.fc2.com/


そうです、マラテの寿司処、『小虎』なのです。

マスターが忙しいのをゴリ押しして、無理矢理に頼み込みました。

画像 223.jpg

先ずは、茄子と生マッシュルームの唐揚げだし合えです。

想像通り、甘みがあり、これは美味しい!

画像 226.jpg

フレンチビーンズとモロヘイヤもどきをゆでで、お浸しにしたものです。

モロヘイヤもどきは、少々泥臭くは有りましたが、野趣溢れる味で、思わず感激してしまいました。

画像 228.jpg

人参君は、野菜スティックですな。

これは、なまじっか料理せずに、素材その物を味わいたいという、提督はんのリクエストですた。

これは、実に正解でしたね。


想像以上の美味しさに、思わず、日本酒を沢山呑んでしまいますたわ。(笑)

小虎のマスター、有難う御座いました。

又、次回も宜しくね!(爆)


さて、総括ですが、バギオは本当に良い所です。

タクシーも、料金交渉などの煩わしさもなく快適でした。

何よりも、多めに上げる気遣いも必要もありません。


マニラでは、Tシャツ一枚でほぼ1年中過ごせますが、ここではそうか行かないでしょうな。

気候の厳しさは、時に最低気温が6度くらいになるなど、下手をすれば凍えて死ぬでしょう。

ある程度の緊張感がなければ、生きていけない環境かもしれませんね。


そういう土地柄が、バギオの人々の特徴であるならば、人々が真面目なのも頷けます。

お金があれば、老後は是非ここで暮らしたいですね。

皆さんも、是非一度は訪れて見て下さいな!



バギオ貧乏旅行記 総集編 『中編』 [旅日記]

画像 014.jpg

写真は、観光客に人気のスポット、マインズ・ビュー・パークです。

ここもそうですが、バギオ市内の主な観光地へは、タクシーで40~60ペソ程度で行けるのですわ。

基本料金が35ペソで、一定間距離毎(マニラでは250m)に、2ペソづつ加算されていきます。


ここには、料金を交渉してくるドライバーは先ず居ませんね。

数年前に訪れた時も、一度も遭遇しませんでした。

しかも、殆どの運転手さんが、お釣りも返そうとしてきます。


ダバオも、同じだとは聞いていますが、あそこは条例でがんじがらめにされていますから、そうなの

かも知れませんが、バギオもそういう条例でもあるのか、はたまた土地柄なのかは分かりません。

しかし、こういう出来事がありました。


このマインズ・ビュー・パークに行く手前で、いちご農園(ストロベリーファーム)へ行ったのですが、

娘がうっかりして、カメラをタクシー中に、置き忘れてしまいました。

これには、嫁が激怒です。


髪の毛を逆立てながら、娘を責め上げていました。

で、ここでは観光どころではなくなり、20分くらいで切り上げて、一旦ホテルに帰ろうと違うタクシー

に乗って少し走った時のことでした。


カメラを置き忘れたタクシーが、追い掛けてきて、止まれ止まれと合図をします。

親切な運転手さんで、カメラの置き忘れに気付き、わざわざ引き返してきて呉れたのでした。

このいちご農園だけは、観光地の拠点であるSMからは少し遠く、100ペソ程の距離にあります。


運転手さんは、一旦市内に戻ったらしいのですが、カメラが無いと困るだろうと思い、戻って来た

のだと説明してくれました。

これには、嫁も娘も大喜びです。


お礼を差し上げようとしましたが、運転手さんは頑として受け取りませんでした。

私が、それでもしつこく貰ってもらおうとしたら、嫁に引き止められました。

彼女曰く、良い事をした人には、良いカルマが巡ってくるのだから、それで良いのだそうです。


全く、その通りですね。

その運転手さんには、丁寧にお礼だけを言った後、私達は、前述のマインズ・ビュー・パークに向

かったのでした。

画像 040.jpg

一番上の写真で、嫁と娘が着ている衣装は、先住住民であるイゴット族の民族衣装だということで、

一人10ペソで貸し出しして呉れます。

又、20ペソ程度で、馬に乗ったり、犬と一緒に写真を取らせてくれる所もありますな。

画像 020.jpg

画像 010.jpg

マインズ・ビュー・パークからの眺めです。

画像 023.jpg

と、ここで時間が来ました。

今日で、完結する予定でしたが、写真がまだ沢山あるので、明日まで延長しますね。

では皆さん、仕事に行ってきま~す!



バギオ貧乏旅行記 総集編 『前編』 [旅日記]

2012y11m04d_070352984.jpg

11月1日朝5時丁度に、ビクトリーライナーの、パサイターミナルから出発しました。

前日の夜は、お墓参りに行く人で、何処の道路も混雑したようですが、この日は空いていましたね。

北部高速道の入り口まで、何と、30分少々で辿り着いたのには驚きました。


いつもなら、ほぼ渋滞なしで1時間、酷い時なら、2時間近くも掛かる道のりですわ。

高速道路でも、交通量が少なく、あっという間にタルラックまで到着しました。

まあ、日頃の行いが良いのでしょうな。(笑)


通常であれば、7時間くらいの運行時間を、今日なら、6時間くらいで行けるのではないかと思って

いた時のことです。

タルラックを過ぎて、小一時間も走った所で、渋滞に遭遇しました。


20分位、超のろのろに進む程度に業を煮やしたのか、運転手君がおもむろにUターンを始めました。

片道1車線の狭い道を、運転手君は、何度もハンドルの切り返しをしながら、とうとう逆走に成功して

しまったのです。


これからが、悲劇(喜劇)の始まりです。

運転手君は、暫く道を戻ると、左にある小道に入りました。

狭い道なので、前方から車やトライシケルが来ると、お互いに脇へ寄せるのが大変です。


こうなったら、もうUターンなど出来ません。

進めるだけ進めようとして、運転手君は猪突猛進、強引に前へ前へと進みました。

(大丈夫かなあ・・・?)


私もそうですが、その時の乗客の、誰もがそう思ったに相違ありません。

暫くして、ある3差路に差し掛かった時、運転手君は窓を開け、そこに屯している人にこう聞きます。

『あのさあ、バギオに行くには、どの道を通れば良いの?』


(ぉぃぉぃ・・・)

乗客の目が、全員点になりました。

そうなんです。


運転手君は、道を知らないのに近道をしようとしていたのですわ・・・

何とか道は聞き出せましたが、そこからが又大変でした。

道が分かれている度毎に、近所にいる人に、道を尋ねているではありませんか・・・


ようやく本道に出ましたが、脇道に入って以来、本道に出るまでに、約1時間半が経過していました。

携帯の地図で確認すると、推定5km位しか進んでいない計算になります。

つまり、たった5kmの距離を、1時間半も掛けて迂回していたのですな。


恐るべし、宇宙的変則運転法・・・(爆)

しかも、観光バスならいざ知らず、これは路線バスですぜ。

運転手が勝手に運行路を変えるなど、宇宙ならではの仕業ですな。

DSC00275.jpg

さあ、これがその運転手君です。

何だか、ジェット・リーに歳を取らせ、へし曲げたような顔をしていますな。(笑)

しかし、乗客は皆偉いものです。


呆れこそすれ、怒り出す者は、一人も居ませんでした。

バスは、予定時刻より、1時間遅れでバギオに到着です。

早く到着すると予想されていただけに、少し残念でしたが、でもこれも思い出話ですわ。


画像 167.jpg

画像 168.jpg

で、タクシーに乗り、例のホテルに到着したわけですた。

これが、泊まったホテルの客室ですな。

改装されたばかりなので、部屋は綺麗です。


写真はありませんが、温水シャワーの湯量も充分で、冷蔵庫さえあれば言うことなしですね。

騒音ですが、結局初日だけで、次の夜は苦情を言ったせいか、何も聞こえて来ませんでした。

但し、アノ声だけは聞こえてきましたよ・・・


夜中の3時頃でしょうか?

艶かしい声と振動が・・・(爆)

思わず、目が覚めてしまったほどの、大きな喘ぎ声でした。

画像 174.jpg

それはさて置き、ここは窓から見えるくらいSMには近いし、冷蔵庫さえあれば便利は良いですね。

しかし、残念がら長期滞在者用の客室を除いては、冷蔵庫はないそうです。

エアコンもありませんでしたが、部屋の中は暑さ寒さも感じませんでした。


これから、12月から2月頃までは、気温がぐっと下がってきますので、寒さ対策は必要でしょう。

最低気温が6、7度になることも珍しくはありません。

マニラでは、Tシャツ一枚でほぼ1年中過ごせますが、ここではそうはいかないようです。

画像 175.jpg

話しは変わって、ここのホテルの朝食です。

ここは、地元でも朝食の美味しい所で有名らしいですわ。

外部からの客も多いようで、ロビーに追加のテーブルが用意されるなど、正に大盛況でした。

画像 206.jpg

画像 198.jpg

宿泊客には、無料でついてきますが、外部の人は、195ペソ/人で、食べ放題ですね。

これには、家族揃って大満足でした。

週末のディナーは、550ペソで日本食の食べ放題があるなど、工夫も凝らされて居るようです。


さて、今日はここまでです。

明日は、観光地編をお届けしましょう。

ははは、どんな珍道中になりますことやら・・・



バギオ貧乏旅行記 その② [旅日記]

image.jpg

他に載せられる写真が無いので、取り敢えず・・・

フロントの写真ですな。

このホテルは、100室以上客室があるようで、スタッフは沢山いるようです。


一昨日の歌謡ショーですが、1階ではなくて、私達の部屋のすぐ上の、屋上で行われていたようですわ。

昨日、会場を覗いて見ましたが、結構な作りの施設でしたよ。

ここは、週末だけに開放されるようで、町のイベントが時々行われているようです。


さて、間もなく帰路につきますわ。

その前に、市場で買い出しに行ってきます。

バギオの情報は、写真を交えて、明日から本格的にUPしていきますね!


ほな〜 (´ρ`)ノ 




バギオ貧乏旅行記 その① [旅日記]

image.jpg

写真は、泊まっているホテルです。

改装されて綺麗なのですが、幾つかの欠点がありました。

まず一つ目、部屋に冷蔵庫がありません。(涙)


これは、痛いですねえ・・・

冷たいビールが冷えていないので、外に買い出しに行かねばなりません。

買って来るのもいいのですが、飲んでいる際中から、ぬるくもなりますな。


ネットもロビーだけで、部屋にはありませんし、流石は安ホテルですわ。(自嘲涙)

まあ、それ位なら良いのです。

二晩位、どうってことないでしょう・・・


しかし、たった一つ、我慢の出来ない大きな問題がありました。

何と、大音量の歌謡ショーが始まったのです。(激涙)

多分、一階のレストランなのでしょうね。


でも、ここはホテルの5階ですぜ!

何故、一階の騒音が、こんな上まで上がって来るのでしょうか?

多分、超激安作りなのでしょうねえ・・・(号泣)


音量は、半端ではありませんでした。

これなら、バクラーランの方がマシなくらいでしたわ。(号泣)

折角、下町の喧騒から逃れてきたのに、これでは元の木阿弥ですな。


結局、この騒音は、夜8時半から夜中の12時半まで続きました。

もう、碌なものではありません。

SMバギオまで、歩いて5分という好立地にも関わらず、少し残念でしたね。


と、いう事で、本日は2日目ですわ。

どんな、珍道中になることやら・・・

楽しみでなりませんわ!(爆)




まぐろを買いたかったです! [旅日記]

画像.jpg

私が釣ったのではありませんよ。(笑)

取れたてを買わないかと、昨日の朝漁師が声を掛けてきました。

170ペソ/kgだそうです。


キハダですが、刺身にすると何人前ですかねえ。

12~13kg位はありそうですな。

しかし、これをマニラまで運ぶとなると、でかいクーラーボックスが必要でしょう。


それがないのに、安易には買えませんね。

黙って、指を咥えて見ているしかありませんでした。

次回は、解体して柵の状態にして持ち帰ろうかな!


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
      ↑

今日も、手抜きじゃー!(爆)

旅の空から・・・ [旅日記]

DSCN0554.jpg

おはよう御座います!

ということで、いつものプエルトガレラに来ています。

ここは、いつ来ても良いですねえ・・・(笑)

Photo0153.jpg

約4ヶ月ぶりの再来ですが、本当にリラツクスさせて貰ってますわ。

さ~て、これから釣りに出かけて来ます。

良い釣果に、恵まれれば嬉しいのですが・・・


では、皆さん。

行って来ま~す!

昼飯が、食えるかどうかの瀬戸際ですぞ!(爆)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

釣果は、押して待て!(爆)

フィリピンで温泉! [旅日記]

IMG_0066.jpg

昨日の五十肩の記事で思い出したのですが、この症状の治療には、温泉が一番なのだそうです。

患部を温めることに依って、痛みも緩和するみたいなので、これは効果がありそうですね。

と言うことで、ここは以前にも行ったことがあります、ラグーナの真貴林温泉ですわ。


IMG_0014.jpg

IMG_0029.jpg

http://www.makilingonsenhotel.com/home.htm

ロスバニョスニの郊外にあるこの温泉は、57度のお湯が沸くそうで、本当なら本格的ですね。

では、設備はどうなのでしょう?

IMG_0058.jpg

IMG_0034.jpg

大小の、スイミングプールもありました。

カラオケルームも昨年から数室増設されたようです。、

又、家族風呂なども人気があり、ここや休憩室は、日帰りでも利用できるようです。

onsen flowers.jpg

onsen_edited.jpg

のどかで静かなのが私のお気に入りなのですが、カラオケルームの騒音が、気になならないでも

ありません。

まあ、グループ旅行の方もいるので仕方が無いですね。

IMG_0063.jpg

中には、内風呂がある部屋もありますよ。

プライベートな空間なので、小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも安心です。

普段のように、湯船に縁のない生活を送っているので、こういったのは懐かしいです。

IMG_0005.jpg

IMG_0013.jpg

部屋には、ベッドや畳もあります。

日本の畳は、本当に心が和みますよ!

グループなら、ここで麻雀も良いでしょう。

IMG_0030.jpg

IMG_0041.jpg

IMG_0039.jpg

12-20-2009 9-32-23 AM.jpg

レストランでは、焼肉も楽しめますよ。

お値段は、とってもリーズナブルでした。

朝食はシンプルでしたが、追加で何か頼めば良いでしょう。

IMG_0055.jpg

少し、仕事が落ち着いたら、ここに行くのも良いですね。

出来れば、1週間くらいはのんびりしたいです。

無理でしょうがねえ・・・(瀧涙)


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
      ↑
無理を承知で押しましょう!(爆)

最高の釣り日和ですた・・・(サバンビーチ紀行) [旅日記]

IMG_0176.JPG

まずまずの釣果でした。

九州のおいちゃんと2人の釣行でしたが、数では先輩のおいちゃんの勝ちです!

でも私は・・・

IMG_0166.JPG

ぢゃーん!

ラプラプを釣っちゃいますた!(笑)

大型ではないものの、嬉しい一匹でしたね。

IMG_0169.JPG

広い海の中、のんびりと糸を垂れて、釣りをするのは最高ですな。

心が、本当に和みます。

で、海から見たサバンビーチです。

IMG_0175.JPG

遠目から見たら、綺麗に見えますね。

IMG_0184.JPG

釣りから帰って、早速昼食にと、宿のレストランに調理を依頼しました。

まずは、ラプラプの蒸魚料理です。

味は、新鮮でとっても美味でした。

IMG_0185.JPG

唐揚げの甘酢醤油漬けですな。

日本で言う、南蛮漬けでしょう。

こちらでは、エスカベッチェと言います。

IMG_0183.JPG

定番の、魚のシニガンスープです。

船頭さんの、お勧め料理でした。

これで、ビールガンガン進みますな。

IMG_0186.JPG

気温もぐんぐんと上がり、犬も海の中で水浴びをしていましたよ。

しかし、今ここでは問題が起きています。

行政の遅れから、家庭排水が海に流れ込んでいるのです。

IMG_0193.JPG

IMG_0195.JPG

サバンビーチの一部ですが、海がヘドロで真っ黒ですわ。

これでは、一等の観光地とはいえませんね。

早急の対策を、望みたいものです。


とは言え、沖へ出ればまだまだここには魅力が沢山ですよ。

中国との関係が悪化して中国人観光客が減少する中、ここは何とか持ちこたえて欲しいと思います。

皆さんも、是非訪れてみて下さいね!


押せば海路の日和あり・・・(爆)
      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

さて、何処へ行くのでしょうね? [旅日記]

IMG_0150.JPG

もう、お分かりかと思います。(笑)

そうです、只今プエルトガレラのサバンビーチにいるのですわ。

昨日の午後、到着しました。

IMG_0159.JPG

携帯メールを送りながら運転する男のバンカーボートに乗り、バタンガス港からやって参りました。(笑)

お願いだから、ながら運転は勘弁して欲しいですな。

しかし、ここは相変わらず賑やかですねえ・・・


仕事も兼ねてここに来ていますが、欧米、日、韓、比の人種でひしめき合っています。

欧米人は相変わらずでしょうが、やはりここも韓国人が増えているようです。

日本人は、殆ど見かけません。


さて、今日はこれから釣りに出かけてきます。

釣れたら、今夜の酒のつまみになる予定です。

果たして、その写真がUP出来るのか・・・???


ここを押して、明日の記事を待ちましょうね!(爆)
      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。