So-net無料ブログ作成
検索選択

TSUKUMO らーめんがゆく・・・ [食日記]

IMG_5681.jpg

最近、これに思いきり嵌っています。(笑)
恵比寿に本店のある、九十九ラーメンのマニラ第一号店の、つけ麺ですわ。
場所は、マラテのロビンソンの一階、モールの中には入らず、エントランスに向かって左側に有ります。

Tsukumo-4.jpg

このつけ麺、只物では有りません。
店主さんが、魂を込めて打ち込んだ麺と言うだけあって、麺がもちもちとして、輝いています。
初めてですわ、こんな美味い麺・・・

IMG_5684.jpg

濃厚鶏スープと魚介スープのWスープのつけ汁に浸して食べると、麺と一緒に、スープが気持ちよく
乗っかって、するっと喉越し良く食べられます。
思わず、参りましたと言う位、超美味!

IMG_5685.jpg

付け合わせの半熟煮卵も、またいい味を出してます。

IMG_5686.jpg

炙りチャーシューも、作り置きではなく、供される前に炙られるのが良いですね。

IMG_5689.jpg

少し焦げたところが、アクセントになりますわ。
つけ麺ですが、私は個人的にあつもりが好きなのですが、茹で時間も短くしなければならないのと、
麺を水でしめてから、再びお湯に通すので、日本人の店主さんしか出来ないのだそうです。

どうしてもあつもりをと言う方は、店主さんがいらっしゃる時に、お願いしてみましょう!
おっと、忘れていました。
これも、旨いんです!

IMG_5395.jpg

特製ちゃんぽんですね。
魚介類と野菜もたっぷりで、とかく野菜不足になりがちの比国の生活には、ぴったりの一品です。
これでP385と、コスパも抜群ですよ。

皆様も、是非一度は食べてみましょうね!!!




nice!(0)  コメント(6) 

野菜がうんまい!『Happy Cream Puff』 [食日記]

011.jpg

本日のランチに、ここに行って参りました。

場所は、Shangri-la Plaza Mall East Wing Level 5 に有ります。

まあ、メガモールの隣ですな。

004.jpg

008.jpg

009.jpg

店内は、こんな感じですね。

店員さんが、中々感じ良いですな。

セルフなのに、飲み物とか、時間があれば持ってきて呉れます。

005.jpg

売りは、これですわ。

オーガニック、有機野菜ですな。

何でも、主にバギオの契約農家から、週に三度仕入れを行っているそうです。

10447154_10152971081114317_5313993142055982421_n.jpg


フィリピンでは、美味しい野菜が中々手に入りません。

私も、何度かバギオに行きました。

目的は、単に野菜の摂取ですよ。(笑)


バギオからの野菜は、首都圏に運ばれてくる間に、大半が鮮度を失っています。

ここに、オーナーの山岸さんは目を付けられたのでしょうね。

鮮度を保ったまま、自分のレストランに、運んでくる方法を思いつかれた様です。

11146211_10152962384224317_8885709978435749791_n.jpg

11156209_10152960155184317_9207527845928691007_n.jpg

11127873_10152966940729317_5966123386378975453_n.jpg

006.jpg

野菜は勿論、肉や魚も充実してますぜ♪♪

DSC_4733_01.JPG

002.jpg

003.jpg

おっと、肉まんや焼売も有りますたな。

しかし、誰が何と言おうと、ここは野菜が一番です。

サラダもですが、野菜の天麩羅が一番美味しかったですね。

E794BBE5838F20192.jpg

以前、バギオのレストラン『Chaya』で食べた、これに匹敵します。

兎に角、野菜が甘いです。

勿論、調理した方の腕にも依るのでしょうが、サクサクとして大変美味でした。


今後、美味しい野菜を近場で食べたくなったら、ここに来ることにします。

バギオまでは、遠いですかねえ・・・(笑)

値段は食べ放題、ランチで490ペソ、ディナーで590ペソだそうで、夜は刺し身もあるそうです。


税サ込みですが、価格以上に行く価値は有りますな。

あっ、デザートにシュークリームも食べ放題ですぜ。

山岸さん、これだけ書いたから、今度お会いした時、ディナーの無料券下さいね!(爆)

nice!(0)  コメント(14) 

三ツ矢堂製麺 マカティ店 [食日記]

画像 027.jpg

最近オープンしたばかりのらーめん屋、フィリピン初上陸の、『三ツ矢堂製麺』です。

開店からまだ数日ということで、これから味の評価が分かれるのでしょうが、私も、この方に続けと

ばかりに、早速行って参りました。


画像 028.jpg

場所は、マカティのジュピター通りですね。

写真は、店内に入ったばかりの所です。

何やらモニターで、日本の三ツ矢堂製麺の動画を流しているようでした。


画像 033.jpg

店内の様子です。

奥には、個室もあるようですね。

先客は1人、後客は数えるのを忘れました。(笑)

画像 037.jpg

画像 036.jpg

画像 034.jpg

店内はかなり広く、100人は収容出来るそうですが、らーめん屋でこの大きさとは異様ですね。(笑)

まあ、ファミリーレストランとしてでも捉えれば、それもありなのでしょうなあ。

店のデザインですが、何でも新横浜らーめん博物館をモチーフとして、発想を得たようです。

画像 035.jpg

あっ、トイレも当然ですが綺麗でしたよ。

画像 039.jpg

厨房の様子です。

聞いた所、2人の日本人の方が、交代で調理をされているようですな。

私が覗いた時は、日本人一人に、現地スタッフ数人という感じでした。

画像 025.jpg

麺は自家製で、製麺機で打たれているようです。

画像 029.jpg

さあ、お待ちかねのメニューですわ。

画像 030.jpg

値段ですが、場所柄を考えれば、こんなものでしょう。

レギュラーがミニサイズ、ラージが日本で供される、普通のサイズのらーめんですね。

ラージは主に、日本人向けだと思われます。

画像 031.jpg

フィリピンらしく、らーめん以外の料理は必須ですな。(笑)

この辺りが、ファミリーレストランぽい所ですね。

これならば、この広さも必要になるのでしょう。

画像 032.jpg

オーダーは、お店の女の娘お勧めの、辛しらーめんL(ラージ)に80ペソのマル得セット(チャーシュー、

海苔、味玉、野菜)、をトッピングすることにしました。

ということで、辛しらーめんL(300ペソ)完成で~す♪♪

画像 040.jpg

トッピングの積もりが、別皿で来ましたわ。(汗)

画像 044.jpg

麺は、スーパー太麺ですた。

わしわしと食べるタイプなのでしょうが、個人的にはもう少し細麺が好きですな。

麺の湯で加減も、もう少し柔らかかったら良かったと思います。


スープは、豚骨ベースだと聞きましたが、魚粉もかなり入っているようです。

素性の分からぬ辛さもあり、正直、これは好き嫌いが分かれるかも知れません。

フィリピン人が好むのかどうか、未知なる体験でしょうね。

画像 046.jpg

味玉は、半熟で黄身がとろ~としていましたが、少ししょっぱいような気がしました。

というか、私の崩し方が下手すぎ・・・(苦笑)

画像 045.jpg

しかし、最高だったのはこれ、チャーシューですわ。

少し炙られているのか、香ばしくて柔らかですた。

これなら、最初からチャーシュー麺だけの方が良かったかもですね。


本来、『つけ麺』がメインのこの店ですが、麺の太さとゆで加減を選べると、もっと良いでしょう。

フィリピンで、UCCカフェを展開しているグループが経営監修しているお店らしいですが、まあ、日本の

らーめんが、この国で受け入れられるのは良いことです。


味の好みは様々なので、この店がいいあの店がいいというのは当然のことですが、是非頑張って

頂きたいものですね。

次回はつけ麺も行きますよ、どうもご馳走様!


あっ、日本での『三ツ矢堂製麺』に付いては、いけ麺さんのブログをご参考下さいね!

http://ikemen.blog.so-net.ne.jp/2010-04-26

いけ麺さん、真似ブログでどーもスイマセン!(爆)



フィリピンで、美味しいビールはこう選べ! [食日記]

san-miguel-beer.gif

フィリピン=サンミゲールと言われるくらい、この国は、ビール好きの方には堪りませんね。

さて、このビール、飲む場所に依って味が変わります。

当然、体調に依っても、美味しく感じる時と、美味しく感じない時がありますな。


でも、実際には、それだけではないのですよ。

ビールは、工場の熟成タンクを出た直後から、瓶や缶の中で酸化が始まります。

実は、この酸化が、香味劣化に繋がるのですな。


日本での、ビールの賞味期限は、どのメーカーも、一律9ヶ月になっているようです。

でも、この国では1年・・・

まあ、はっきり言って、1年前のビールなど飲めたものではありません。

画像 019.jpg

写真をご覧ください。

日付が、2013年9月26日になっています。

と言うことは、これは、今年の9月26日に製造された物と、考えてもいいようですね。


今日から遡って、20日前の製造ですな。

酸化のことを考えると、ビールは、新しければ新しいほど、美味いということが言えるでしょう。

私の経験では、製造後5日までのビールは、最高に美味いです。


では、はっきり云いましょう。

製造後、一ヶ月以上経ったビールの味はどうでしょう?

飲めないことはありませんが、正直あまり美味しくないですね。


数ヶ月以前に、製造されたものは論外です。

家で飲むなら、絶対に買いません。

では、一体何処で飲んだり買ったりすると、美味しいビールが手に入るのでしょうか?


外で飲むなら、基本的に客が良く回転してる店で飲みます。

そして、時にはビールのキャップを確かめますね。

バクラーランのビールハウスでも、良く流行っている店は、日付の新しいビールが飲めます。


但し、時たまにですが、1ヶ月以上経過した、ビールを飲まされることがありますな。

これは、ディーラー(問屋)に問題があると、推測されます。

よく流行る店でも、よく流行っている問屋から買っているという、保証は何処にもありません。


複数の問屋から買うと、こういう現象が起こるようです。

後は、ビールの管理ですが、問屋と店、双方が気を使わねばなりません。

工場から送られた直後でも、日の当たる場所などに、山積みしているような問屋は論外です。


ビールハウスなどでも、店の前に置きっぱなしでは、全然あきまへん。

日の当たらない場所で、きちんと保管すべきです。

ビールを買うなら、管理の行き届いた、お客を沢山持っている、問屋で直買いしましょうね。


フィリピンでは、サンミゲールが主流ですが、日本は今どうなのでしょう?

昔は、アサヒのスーパードライが流行りました。

流行れば、余計美味くなるのですなこれが・・・


何故かというと、話は簡単で、流行る商品は流通の回転が早いです。

店頭には、いつも新しい日付の商品が並びますな。

並べては、買われていく・・・


この繰り返しです。

新しい日付のビールを、いつも飲めるのですから、これに越したことはありません。

つまり、今一番売れている商品を飲めば、当たり外れが無いということです。


日曜日なので、短めに書こうと思いましたが、長くなりました。

さて、今晩は家でビールを飲みますかねえ・・・

あっ、その前に、問屋を探して来なくっちゃ!(爆)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
ここを押して、美味しいビールで乾杯!(爆)

フィリピンでシュークリーム♪♪ [食日記]

画像 010.jpg

先日、ようやくこの方のお店に、行く事が出来ました。

何と、7年振りでしたね。

その当時は、アラバンのメトロポリスモールにありましたな。


ある方のブログを見て、その存在を知ったのですが、その時の感動は、言うまでもありません。

日本では食べ慣れていた味ですが、ここフィリピンでこれが頂けるとは、思っても見なかったのです。

それ程、懐かしさに飢えた味でした。


画像 011.jpg

しかし、その後は、サウスモールに移転されました。

その時に、オーナーのY岸さんには、遠目で拝見しましたが、お会いしたのは今回が初めてです。

現在は、マカティで営業をされていました。

画像 016.jpg


場所等は、ホームページからご確認ください。

1時間半近くもお邪魔してしまいましたが、とても有意義なひと時でした。

お人柄が、100%顔に出ているようなお方ですたわ!(笑)


画像 012.jpg

画像 018.jpg

彼の手で作られるシュークリームも、お人柄が偲ばれるような味でしたよ。

7年振りに食べましたが、味はその当時と変わりありません。

家族へのお土産にも買って帰りましたが、とても好評でした。


私が訪れたのは、本店の方でしたが、そこには何と珍しいものがありました。

さて、何でしょうか?

分かるはずがありませんな。(苦笑)

画像 017.jpg

これですよ、これ!

何と、ウオシュレットです!(爆)

珍しかったので、写真を撮って仕舞いました。


しかし、このトイレ、色々と苦労話があったようです。

詳しくは、こちらをご覧下さいね。

マカティ方面でトイレに行きたくなった方は、是非ここを利用させて貰いましょう!(爆)


但し、シュークリームを買うのも、お忘れになりませぬように・・・(笑)

とても美味しいので、KTVの彼女にでも、お土産として持って行きましょうね。

ご褒美に、キスくらいしてくれるかも知れませんよ。(大爆)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
ご褒美に、ここも押して置きましょう!(爆)

フィリピンで和菓子屋さん? [食日記]

2012y09m25d_151017171.jpg

MOA(モール・オブ・アジア)の一角に、何と和菓子屋さんが出来ていますた。

場所は、スケートリンクの直ぐ近くですね。

しかし、一個70ペソもするのですぜ。

画像 003.jpg

この価格で、果たして売れるのでしょうかねえ?

疑問ですが、まあ頑張って頂きたいと思います。

メニューですが、結構種類がありますよ。

画像 001.jpg

う~ん、でも漢字表記が、思い切り中国語のような気が・・・(笑)

『オーナーは、一体何人なの?』

店員さんにそう聞いてみましたが、知らないとのことでした。(汗)


『これって、美味しいの?』

そう聞いてもみましたが、『高いから食べたことがない』という、素晴らしい答えが返って来ました。

まあ、1個70ペソもするのなら、当然かもしれません。

画像 009.jpg

仕方がないので、3個ほど買って食しましたが、何やら宇宙的な味でしたな。(爆)

飛び抜けて美味いとまでは言えませんが、マンゴ味があるなど、比国らしさは感じます。

試してみる価値はあるでしょう。

画像 006.jpg

もしかすると、物珍しさで受けるかも知れません。

店員さんが、一個一個丁寧に包装してくれますた。

しかし、全部冷凍のままなのですが・・・

画像 004.jpg

遠方の方は、自然解凍されて、帰宅時には、食べ頃になっているかも知れませんね。

あっ、プロモで割り引きもやっていましたので、皆様も是非お試しください。

ちなみに私は、お金の関係で、もう買うことが無いかも知れませんが・・・(激涙)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
一期一会、ここを押して和の心を慈しみましょう!(意味不明爆)

最近、お気に入りのレストラン! [食日記]

画像 033.jpg

いきなり、ピンボケ写真になりました。(汗)

どうやら、マレーシア系のチェーン店らしいです。

名前を、『Chicken Rice Shop』と云いますな。

画像 031.jpg

マレーシア全土で57店舗、海外では、フィリピン、シンガポール、台湾の3カ国に進出しています。

フィリピンには4店舗、私がいつも食べているのは、ロビンソンマラテの1階にあるブランチですが、

ここの名物は、何と言っても蒸し鶏の蜂蜜ソース和えですわ。

画像 030.jpg

最近、食欲があまり湧きません。

歳のせいもあるのでしょうが、そんな時にはここに来るのです。

ライスがまた、いけるのですよ。


恐らく、鶏を蒸したか茹でたかで出る汁で、ご飯を炊いているのでしょう。

タイ、マレーシア、シンガポール等で、一般的に食べられている海南鶏飯が、そのルーツですね。

チキンエキスが、たっぷりご飯に染みていて美味ですなあ・・・

画像 032.jpg

この他にも、ローストチキンや、蒸し鶏をトッピングにした麺類など、メニューは豊富ですぞ。

値段も、120~260ペソまでの価格帯が多く、リーズナブル財布にも優しいですね。

開店当初は、殆ど客が居ませんでしたが、最近は満席になることが多いようです。

画像 004.jpg

追加写真です。

本日お昼に食べた、チキンカレーですわ。

これは、抜群にいけますた!



兎に角、皆様も是非お試しを!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
行くなら、ここを押してから出掛けましょうね!(爆)

ダンパでお食事! [食日記]

画像 001.jpg

もう、お気付きかもしれません。

私のブログで、写真が多く使われる時は手抜きです。(笑)

今は、日本から来られているゲストのアテンドで大変なのですよ。

画像 003.jpg

さて、一昨日の夜は、マカパガルのダンパで夕食を取りました。

魚介類は、そこにある市場で仕入れます。

呼び込みの女性の声も凄まじく、タジタジしながらも買い付けをしました。

画像 006.jpg

圧巻はこれ、3Kg弱のロブスターです。

5200ペソだというのを、4,500ペソまで値切りました。

これらを、一番有名だと言われるレストランに持ち込み、調理して貰います。

画像 015.jpg

先ずは、あさりのスープ。

滋味溢れていて、素晴らしく美味しいです。

ゲストの方も、大満足ですわ。

画像 017.jpg

牡蠣の蒸したものです。

酢醤油に、唐辛子を刻んだもので頂きました。

まずまずですな。

画像 016.jpg

アリマンゴ(蟹)の足のチリソースです。

少ししょっぱかったですが、美味しいです。

しかし、食べるのが少し面倒でした。

画像 012.jpg

名前は忘れましたが、何とか貝のベイクです。

チーズも掛けられており、洋風の味付けでした。

味変に、効果有りですね。

画像 018.jpg

ラプラプの唐揚げです。

これは、人気を博しました。

あっという間に、無くなります。

画像.jpg

これが、この店の自慢料理

ラプラプを丸ごと天ぷらのように揚げた後、マンゴソースが掛けてあります。

う~ん、これは美味い!!!

画像 019.jpg

最後はこれ!

お待ちかねのロブスターです ♪♪

調理が良いのか、身離れがよく、味噌の部分も大変に美味でしたよ。


さて、これで材料費が約7,000ペソ。

レストランに支払う、調理費とビールなどの飲み物や、ご飯等に3,600ペソが掛りました。

8人で食べましたが、全然食べきれませんでしたね。


しかし、お客様はもう大喜びで満足されました。

レストランに依って、調理費や調理法は変わります。

かなりの数のレストランがありますので、皆様も是非お試し下さいね。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
      ↑
ここは試しなどではなく、本当に押しましょうね!(爆)

『小虎』がゆく・・・ [食日記]

画像 018.jpg

この、『鮨処 小虎』も、オープンして3ヶ月近く経とうとしています。

場所は、マラテのジョージボコボ、旧大虎があった場所ですな。

http://kotoramalate.web.fc2.com/index.html

map2.gif

詳しくは、上記の『小虎』ホームページにある、アクセスをご参照下さいね。

ホームページには酒処とありますが、正体は全くの鮨屋ですな。(笑)

従って、メニューも鮨が中心となります。

画像 001.jpg

画像 003.jpg

カウンターには、勿論一品料理もありますよ。

酒のツマミには欠かせません。

この日は、田螺(たにし)の煮付けに、茄子の煮浸しでした。

画像 004.jpg

画像 005.jpg

マスターは、名古屋の名店で修行していたらしく、その彼が握る鮨は超本物です。

この鮨ですが、6貫でたったの300ペソですよ!

驚くべき、コストパファーマンスですな。

画像 008.jpg

下の写真は、是非拡大して見て下さいね!

画像 007.jpg

魚の切り口も、ちゃんと立ってますな~♪♪

この店で使っている酢や醤油も、ちゃんと自分で仕込んだものを使っているそうです。

修行していた店の味に、自分のオリジナルを加えた味だと、マスターが説明してくれました。

画像 010.jpg

食材ですが、マスター自らの目利きで、朝市場に行って仕入れます。

このタコも、美味しそうに煮上がっていますなあ・・・(ホクホク)

下の海老なんか、相当なでかさですぜ。(驚)

画像 012.jpg

日本人が仕入れ、日本人が握る鮨・・・

これに勝る、鮨屋はありません。

下は、店内の様子です。

画像 016.jpg

狭くて沢山のお客は入れませんが、心のこもった鮨を堪能できるでしょう。

画像 019.jpg

マスターも、自慢の包丁を毎日研いで、お客さんを迎えています。(笑)

さあ、お得感満載のこの『小虎』・・・

兄弟店、『大虎』共々、皆様応援してあげて下さいね!


おっと、こちらの応援も忘れないで・・・(爆)
      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

ほんまにこれで儲かりまっか? [食日記]

IMG_0225.JPG

イナサルではありませんよ。(笑)

要するに、そのまんまの模倣店です。

しかも、ここが何とまだ第一号店・・・

IMG_0228.JPG

鶏の照焼チェーン店として急速な店舗展開をしていたイナサルは、2010年後半に、ジョリビーグループ

に買収されてし舞いました。

イナサルは、安いし美味いし、しかもご飯やスープが食べ放題。

inasal_final-logo.jpg

低価格路線という意味では、日本の吉野家や、松屋などの牛丼チェーンを彷彿させますね。

現在、フィリピン全土で429店舗が営業しています。

買収以前では303店舗でしたので、約1年半で一段と展開力を強めて行きました。


この盛況ぶりに、目をつけない手はありません。

今日では、模倣店として、CHICK-BOY(チックボーイ)、つまりチキンとバボイ(豚))のお店も参入し

て来ましたよ。


ここで、この3番手?の登場です。

場所はカロオカンにありますが、今後は、首都圏に4つの店舗を手掛けるようですね。

成功するのかどうか・・・


肝心の味ですが、料理が出てくるまでかなりの時間を要しました。

しかし、出てきた物はかなりのジューシーさで美味・・・

甘みが少し足りませんが、これなら大満足です。


恐らく、注文を受けてから調理したのでしょうか?

半分調理後、温め直すイナサルとは違いますね。

でも、これでは客の回転率が悪くなります。


IMG_0224.JPG

これは、魚のキラウィン(酢漬け)です。

何の魚かは分かりませんが、かなり新鮮でした。

これがたったの39ペソで、上記の照り焼きと相性の良い取り合せです。


上記の照り焼きが99ペソですから、かなりのお得感がありますね。

店舗の正面にイナサルがあるのですが、対抗するにはかなりの努力が必要だと思われます。

相手の429店舗に対し、こちらはまだ僅かに一店舗しかありません。


味とサービスのコンセプトは違うのかも知れませんが、集客が出来なければ、低価格路線は維持出来

っこありませんな。

個人的には、今後の活躍に非常に期待はしていますが・・・


ここを押して、応援しましょう!(爆)
      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。