So-net無料ブログ作成
パロディ ブログトップ
- | 次の10件

新解釈! 『比国ことわざ辞典』 あ~お [パロディ]

馬の耳に念仏.jpg

1)青菜に塩

意味: 我が家の夫婦の営み・・・(涙)


2)秋の日は釣瓶落とし

意味: フィリピンに秋はない!


3)石の上にも三年

意味: 『石の上にも三十年』、この国ではこれ位が必要だろう。


4)石橋を叩いて渡る

意味: P型脳炎に罹った人には居ないタイプ。


5)井の中の蛙大海を知らず

意味: 道を尋ねても、近所のくせに誰も知らない。


6)魚心あれば水心

意味: この国の国技!


7)牛に引かれて善光寺参り

意味: カラバオにに引かれて、バクラーラン教会に行こう!


8)嘘も方便

意味: 方便ばかりで、真実はない。


9)噂(チスミス)をすれば影が射す


意味: もう、そこら中影だらけ・・・


10)馬の耳に念仏

意味: 教会に行く意味が有るの?


11)江戸の仇を長崎で討つ

意味: マニラの仇をダバオで討つ・・・少し違うな・・・


12)燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らん

意味: 明日の1,000ペソより、今日の100ペソ!


13)江戸っ子は宵越しの金を持たぬ

意味: マニラっ子の祖先は江戸っ子かあ?


14)同じ穴の狢(ムジナ)

意味: 歴代の大統領、ノイノイは大丈夫なのか?


15)同じ釜の飯を食う

意味: こうやって、バクラが生まれる・・・


16)来年の事を言えば鬼が笑う

意味: 『来週のことを言えば鬼が笑う』、フィリピンではこう言う。


17)鬼の居ぬ間の洗濯

意味: 鬼のいぬ間にKTV!


18)鬼の目にも涙

意味: 亭主への仕打ちは非道なのに、何故かドラマを見ては泣く我が嫁!





nice!(0)  コメント(12) 

新解釈! 『ことわざ15選』 Pパブ遍 [パロディ]

mig.jpg


1)知らぬが仏

意味① うっかり入ってしまい、P型脳炎菌を注入されてしまう事。

意味② 他人の子を貴方の子よと言われ、認知を余儀なくさせられる事。

意味③ DNAの存在を知らず、その後の鑑定で全て嘘が発覚、養育費がパーになる事。


2)一難去ってまた一難

意味① 『携帯無くしたの・・・』

意味② 『親が病気なの・・・』

意味③ 『妊娠したの・・・』


3)三十六計逃げるに如かず

意味① 『私、貴方の子供を妊娠したの』を聞いて、日本へ飛んで逃げ帰る事。

意味② 『私、お父さんが病気でえ~』、ベテランはこの言葉を聞くと引いてしまう。

意味③ 『携帯電話、壊れただからあ~』 以上同文。


4)故郷へ錦を飾る

意味① 『え~、交通費俺が負担すんの~?』

意味② 『何、お金も寄越せぢゃと~?』

意味③ 『家族へのお土産まで・・・(涙』


5)五十歩百歩

意味① 『俺、奥さん居ないから・・・』

意味② 『私は、未だバージン!』

意味③ 『お互い、気が合うねえ・・・』


6)白羽の矢が立つ

意味① 『あのお客さん、若くてポギーなまん!』

意味② 『あのおじいさん、オカニモチみたい』

意味③ 『この女、誘ったらやれそう!』


7)据え膳食わぬは男の恥

意味① 恥をかくべきだったよん・・・養育費発生!(号泣)

意味② 下着を脱がすと、股に意味不明の物体が・・・(瀧涙)

意味③ 病気を専門にうつすババエに注意!


8)立つ鳥あとを濁さず

意味① 『クーヤ、ドリンクオニガイ!』

意味② 『アコ、ワランペラ!』

意味③ 『オカクサン、帰りマース!』


9)苦しい時の神頼み

意味① 『神様、アコを助けてなまん!』

意味② 『アコ、悪い事した、懺悔します・・・』

意味③ 『頼むから神様の数、増やしてくでえええええええ~、比国の神より・・・』


10)悪事千里を走る

意味① 『イカウのオカクサン、さっきうちの店に来たよ』

意味② 『OK Sis アリガトネ!』

意味③ 『貴方パルパロな、昨日の夜アコの友達の店行った!(怒)』


11)呉越同舟

意味① 『ヤバっ、あそこの席に俺が以前やった娘が居る・・・』

意味② 『うわあ、こっちにも、それからあっちにも・・・』

意味③『大虎は、兄弟たちが集う店』、女性を連れて行ってはいけない・・・


12)危ない橋を渡る

意味① 『あれえ、今日A娘ちゃんは?』

意味② 『休みぽ』

意味③ 『やったあ、ぢゃあ今日は違う娘指名する!』


13)果報は寝て待て

意味① 『今日、お店終わったらホテルおいでよ・・・』

意味② 『イカウのホテル行ったけど、どうして電話出ない、多分、他の女とパルパロな!(怒)』

意味③ 『しまった寝過ぎた!』


14)蜘蛛の子を散らす

意味① 『お帰り!、やっと日本から帰ってきたのね、もうみんな貴方の家で集まって待ってるよ!』

意味② 『は~い皆さん、これは貴方へのお土産、はいこれは貴方に、はい、これも貴方に・・・』

意味③ そして、誰も居なくなった・・・


15)金の切れ目が縁の切れ目

意味① ・・・・・・・・・・・・・・・

意味② ・・・・・・・・・・・・・・・

意味③ これに、説明なんか要るの?(爆)


過去記事は、こちらから・・・




nice!(0)  コメント(14) 

爆笑 PLDT Q&A [パロディ]

947033_10151589800833470_298748028_n.jpg

Q: あのう、ネットがいつもプチプチ切れるのですが、どうしてでしょう?

A: ああ、それが普通です。弊社では、顧客満足など望んだことは一切ないからです。
  回線を、お客様の負担で新品に取り替えれば、万が一には良くなるかも知れません。


Q: うちはコンドで19階なのですが、回線を取り替えるにはどうすれば良いのでしょう?

A: コンドにお住まいのお客様は、高く付きますよ。
  お客様の負担で、19階までの新しい回線をお買い求め下さい。


Q: 苦情を言っても、24時間から48時間モニタリングするので、その後の対応と言われる
  のですが、どうしてそんなに待たされるのでしょう?

A: 奇跡を待つのです。若しかしたら、自然に治るかもしれません。
  『待てば海路の日和あり』ですね。


Q: 48時間待ちましたが、どうにもなりません。
  担当者に、来て頂けますか?

A: もう暫く様子を見ましょう。 担当者を派遣すれば費用が掛かります。
  儲け一辺等主義の弊社では、そのようなコストはなるべく抑える方針です。


Q:既に一週間ネットに接続出来ません。
やはり、担当者に来て頂きたいのですが?

A: どうしても待てないのですね? 分かりました、担当者を48時間以内に向かわせます。


Q: 48時間以上経過しましたが、まだ担当の方が来られません。
  催促して貰って良いですか?

A: 分かりました、担当部署に伝えます。


Q: あのう、既に一週間待ちましたが、まだ来られませんが・・・

A: ああ、明日には必ず行かせます。


Q: 昨日必ず来られると聞いて、終日待って居ましたが、やはり来られませんでしたよ。

A: おかしいですねえ、記録では訪問しましたが、お留守だったとなってます。
担当部署に再度確認し、お客様に連絡します。


Q: 苦情を入れてから、既に2週間以上経過しました。 担当者が来られると聞いて待って
  いましたが、それも来られず、その後連絡も有りません。
その間の請求は、しないで貰えますか?

A: なるほど、分かりました。 ではその手続きをしに弊社の窓口までお越しください。
聞いただけでうんざりする面倒な手続きを、行って頂く必要が有ります。


Q: そんな面倒な手続きは、したくありません。 では、それは諦めますので、担当者の方
  だけでも、早く来て頂けますか?

A: わかりました。 では、明日中にお伺いさせます。


Q: おいこら、もう苦情を出してもう一ヶ月やんけ?、なめとんのかこりゃぁ、おんどれ、
  事務所に火いでもつけたろか?

A: (無言で電話を切る・・・)


*顧客の皆様へ・・・
弊社は、言わずもがなの、殿様商売をモットーとしております。
お客様の一方的な苦情は、受け付けて居りません。

ましてや、恐喝もどきな言動を行われるお客様には、制裁としてさらに3ヶ月間ネットの
供給を止めさせて頂きます。
その間の請求ですが、勿論させて頂きますので、ご了承下さい。


:以上、事実を元に、PLDTの本音として脚色してみました!(爆)
nice!(0)  コメント(16) 

『日曜版』 漢字で表す、愛する我が社のスタッフ達!(爆) [パロディ]

Kanji-brush-paint.jpg

① 愛欲=あり過ぎ
② 意欲=なさ過ぎ
③ 性欲=かたまり
④ 食欲=無制限
⑤ 貪欲=仕事を増やすな給料増やせ
⑥ 禁欲=出来る人を連れて来い
⑦ 私欲=まみれ
⑧ 情欲=ち◯ち◯カット
⑨ 無欲=居るのか?
⑩ 我欲=底無し

① 危機感=あれば奇跡
② 期待感=持てば最悪
③ 距離感=頼るな!
④ 共生感=怖いものなし
⑤ 生活感=もろだし
⑥ 現実感=ほぼ無し
⑦ 空腹感=1日7食
⑧ 罪悪感=懺悔一発罪解消
⑨ 責任感=無い物ねだり
⑩ 使命感=仕事以外で発揮

① 影響力=出来の悪い奴ほど大きい
② 機動力=昼飯時と帰宅時のみ
③ 記憶力=猫並み
④ 決断力=仕事以外
⑤ 結束力=会社に不満がある時
⑥ 持久力=あれば今頃は海外に・・・
⑦ 合成力=合体力の間違いでは???
⑧ 実行力=部下に先ずやらせる
⑨ 想像力=自分の能力を過信
⑩ 神通力=遅刻の言い訳

① 青色吐息=給料日前に自然に起きる現象
② 悪戦苦闘=ごく簡単な仕事を与えると起こる
③ 悪事千里=チスミス千里を走るとも言う
④ 阿鼻叫喚=この国の普通の夫婦喧嘩
⑤ 以心伝心=有った試しが無い
⑥ 一汁一菜=自分の金で飯を頼む時
⑦ 一念発起=給料倍にしたらあるかもね

⑧ 一目瞭然=仕事の成果
⑨ 一蓮托生=私の境地
⑩ 一喜一憂=毎度のこと
⑪ 一騎当千=一度で良いから拝みたいわ
⑫ 因果応報=この星ではカルマと言う
⑬ 烏合之衆=ぶわははははははははは・・
⑭ 海千山千=社員募集したら沢山来る
⑮ 有耶無耶=得意技
⑯ 雲泥之差=海外流出組と国内居残り組
⑰ 円満解決=金次第
⑱ 頑固一徹=頭固い人ばっかり
⑲ 加持祈祷=仕事をせずに、給料貰えますように・・・
⑳ 奇想天外=こんな人だらけ

㉑ 行儀作法=教えるだけ無駄
㉒ 共存共栄=日本人は交ぜて貰えない
㉓ 驚天動地=たまにまともな事を言うんだよね
㉔ 漁夫之利=これ狙いが多い
㉕ 義理人情=あってたまるか
㉖ 謹厳実直=この星には存在しない死語
㉗ 苦肉之策=日本人には絶対思い浮かばない策
㉘ 厚顔無恥=説明要りますか?
㉙ 公私混同=トイレットペーパー持って帰るな!
㉚ 荒唐無稽=こんな楽しい国は他に有りませんぜ!


*これは、愚痴では有りません!(笑)
  以前、FBにUPしたものを、改訂、追加しました。
  有り過ぎて書けないから、続きは又今度!(爆)
nice!(1)  コメント(8) 

フィリピン童話集 (豪華3本立て) [パロディ]

The_Ant_and_the_Grasshopper_-_Project_Gutenberg_etext_19994.jpg

『アリとキリギリス』



昔々から・・・




フィリピンには・・・




働き者のアリなど・・・




居ませんでした・・・(号泣)


b0126022_1301587.jpg

『マッチ売りの少女』



昔々・・・




ある大晦日の夜・・・




フィリピンに大雪が・・・




降るわけないぢゃん!(爆)


091117.jpg

『3匹の子豚』



バクラーランの・・・




ローカルKTVは・・・




3匹どころか・・・




子豚で充満しとるんぢゃー(瀧涙)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
ねっ、豪華だったでしょう?(爆)

フィリピン 童話集 『金の斧? 銀の斧?』 [パロディ]

17237294_m.jpg

昔々、比国のある山中に、二人の木こりがおりましたそうな・・・

一人の木こりは正直者、もう一人の木こりは、欲張りでずる賢い木こりでした。

ある日のこと、その欲張りの方の木こりが、湖の畔で、斧で木を伐っていました。


その時です。

ふとしたことで、欲張り木こりは、誤って、鉄の斧を湖の中に落としてしまいました。

欲張り木こりが途方に暮れていると、湖の中から、何と女神様が現れてきて、こう言いいます。


『これこれ木こりや、お前が落とした斧はこの金の斧か?』

そう言って女神様は、輝くばかりの金の斧を欲張り木こりに見せました。

欲張り木こりは、その眩しく黄金色に光った斧を見ると、ついつい言ってしまったのです。

imgdb181750zik2zj.jpeg

『はいはい、左様で御座います、私が落とした斧は、まさしくその金の斧で御座いました。』

『ふ~ん』

女神様は、急に冷たい顔になって、更にこう言いました。


『では、この銀の斧ではないのだな?』

今度は、銀の斧を手に持っている女神様です。

『はいはい、その銀の斧も、手前の物で御座います。』


『なぬ?、この銀の斧もお前の物だというのか?、う~む、ではこれもお前の物か?』

女神様は、今度は鉄の斧も手に持って、そう言うではありませんか?

よくばり木こりは、少しも悪びれることもなく、こう言いました。


『ああ、有難う御座います、それも確かに手前の物で御座います、拾って頂いて感謝感謝ですわ。』

『では、三本ともお前の斧じゃと言い張るのじゃな?』

女神様は、怒りに手を震わせながら、そう言いました。


『はい、その鉄の斧は一昨日、銀の斧は昨日落としました、そして、金の斧は、先程落としたばかり

で御座います。』

欲張り木こりは、堂々としてこう言い放ったのです。


この言い訳には、流石に女神様も感心しました。

堂々として恥じることのないその態度にも、女神様は好感を持ったのです。

欲張り木こりは、結局、金と銀と鉄の三本の斧を女神様から貰いました。


この話を聞いた正直な木こりは、それが羨ましくて仕方がありません。

『オラも貰いに行くべえ・・・』

そう言って、次の日に湖まで出掛けました。


そして、わざと手を滑らせて、鉄の斧を、湖に落としてしまったのです。

暫くすると、欲張り木こりが言ったように、湖の中から女神様が姿を現しました。

女神様は、昨日と同じように、木こりに三種類の斧を見せながら問い正します。


すると、どうでしょう?

正直者の木こりは、鉄の斧だけが自分の物だと言うではありませんか?

これには、女神様も興冷めし、呆れ果てました。


『お前のような正直者は、このフィリピン星では生きて行けないぞよ、もう少し社会勉強をして参れ!』

そう言い捨てると、女神様は木こりに何も与えずに、湖の中に、再び姿を隠して仕舞いました。

正直者の木こりは、がっかりして一生暮らしましたとさ!(爆涙)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
ここだけは、正直に押しましょうね!(爆)

フィリピン 童話集 『浦島ジョン・・・(爆)』 [パロディ]

0.jpg

昔々、ある海辺の村に、ジョンという若者が一人で住んでいました。

ジョンは、大変貧しく、食べるものにはいつも事欠いているような、困窮漁民だったのです。

手漕ぎのボートすら、貧乏で買えません。


なので、いつも他の漁師の手伝いをするだけで、ジョンは、僅かな収入を得ていたのでした。

ある日のことです。

ジョンは浜辺で、大きな亀が、近所の子供達に虐められているのを見ました。


体重100kg位はあろうかと思われる、大変に立派な亀です。

怪我をしているらしく、足から血が流れていました。

(これはこれは・・・)


ジョンは、子供達に近寄りながら、こう言いました。

『これこれ、怪我をしている亀を虐めちゃあいかん、可哀相じゃから、お兄さんに渡しなさい。』

『けっ、何抜かすこのクソジジイ、一昨日来やがれ!』


『くそじいじいとは何じゃ、俺はまだ30の手前で若いんじゃ、まあ、ええからその亀を寄越せ・・・』

ジョンはそう言いましたが、子供達は、そう簡単には亀を引渡しません。

結局交渉で、50ペソで亀はジョンのものになりました。


貧乏なジョンにとって、50ペソは大金です。

しかし、背に腹は変えられませんでした。

ジョンは、死ぬほどお腹を空かせていたのです。


(これほどの大亀が手に入ったのなら、何日も食べられるに違いない・・・)

(それに、甲羅はべっ甲細工にして売れるし、足の爪は三味線のバチに使えるし・・・)

この国に、三味線が有ったかどうかは別にして、ジョンは、そんな思惑で亀を買ったのでした。


さて、ジョンは海辺の掘っ立て小屋である自分の家に、亀を引きずって行きました。

家に帰ったら、早速大釜に湯を沸かし、亀を煮立てる準備をします。

その様子を、亀は大汗を垂らしながら眺めていました。


その内に、湯が沸いたので、ジョンはボロ(フィリピンの大ナタ)を取り出して、大亀の首から、

先ずはちょん切ろうとします。

驚いたのは、大亀です。


『ひえ~~~~』

と言いながら、何とかもがいて逃げようとします。

それを見たジョンも、必死で大亀の首にしがみつきました。


ここで逃せば、大枚50ペソをはたいて、この大亀を買った意味がありません。

その内に、ボロが大亀の首筋に、ピタリと当てられた時のことです。

大亀が、こう言いました。


『お兄さん、お兄さん、助けてくれたら、お礼に良い所に連れて行って上げるよ。』

『何、いい所じゃと?』

ジョンは、不審そうに亀を睨みました。


『そうですよ、良い所です。ご馳走がふんだんにあって、お宝も沢山あるところです。』

『何、お宝だって?』

急に、ジョンの目が輝きました。


『そこに行けば、本当にお宝があるのじゃな?』

『はいはい、金銀の細工や、大判小判もザックザク・・・でへへへへ。』

何か助かりそうな気配を感じたのか、大亀は、急に調子のいい喋り方でそう言います。


納得したのか、ジョンは、大亀の言葉に従って、その良い所やらに行ってみることにしました。

大亀の言うには、その良い所とは、海の中にあるそうです。

ジョンは、大亀に跨ると、一路海の中を目指して出発しました。

img_1024042_65547029_0.jpg

ああ、ありました、ありました。

確かに、お城のような建物が、海の中にありましたわ。

そこでは、プリンセスという名前のお姫様が、ジョンを迎えて呉れました。


亀を助けた呉れたことに対するお礼だと、それからの3日3晩は飲めや食えやの大騒ぎです。

お姫様自らがお酌もしてくれ、ジョンは、それはもう夢見心地じゃったと・・・

帰り際には、お土産だと言われ、玉手箱まで貰ってしまいました。

450-2010090714395871259.jpg

(ああ、これにお宝が入っているのだな・・・)

ジョンはそう解釈をし、喜んでそれを貰うと、その龍宮城を後にしました。

大亀は、彼を元の浜辺まで送って行きます。


自分の家に帰ったジョンは、早速その玉手箱を開けてみました。

『うわあ・・・』

ジョンは、中を見て驚きました。


中に入っている物と言えば、何と一枚の紙切れしか入っていません。

只、そこにはこう書いてありました。

セット料金、飲み放題食べ放題3日分32万ペソ、LD1,000ペソX350杯=35万ペソ、合計67万ペソ。


税サ込、トータル 825,440ペソ、遅延金利年5%・・・

それから、ジョンの悲惨な生活が始まったのは言うまでもありません。

兎に角、お金の取り立てが厳しいのです。


漁に出る度に、サメやクジラの嫌がらせが始まりますた。

僅かな金利だけでも入れないと、この調子で仕事にもなりません。

貧乏な彼でしたが、それからは、更に貧乏になりましたとさ。(爆)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     ↑
何の教訓にもならないお話でしたねえ・・・(爆)
- | 次の10件 パロディ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。