So-net無料ブログ作成
フィリピン童話 ブログトップ

竹盗り物語 [フィリピン童話]

dgtuiggj.jpg

昔々、呂宋の都の郊外に、他人の山に入っては竹を盗み、密売を繰り返す、悪いジジイが居ました。

性格も悪く狡猾だったので、近所の人は皆敬遠して、そのジジイには近付こうとはしません。

ジジイには、彼のアサワであるババアも居ます。


ブルゴス村出身の、今ではもう、すっかりと乳の垂れたババアでした。

このババアも、性格ではジジイに負けては居ません。

恐らく、強欲にかけては、その当時、都(みやこ)では一番だったことでしょう。


しかし、この似たもの同士の老夫婦には、子供は居ませんでした。

なので、悪事で稼いだお金は、その日中に使ってしまいます。

元々、貯蓄の習慣の無い国ですので、老夫婦に限らずこうなりますが・・・


それはさて置き、ジジイはババアに内緒でKTVに通っていました。

勿論、口説くために相違ありません。

色気のすっかり無くなったババアには、今ではすっかり興味のないジジイです。


似たもの夫婦と言っても、仲が良いとは限りませんわなあ・・・

ババアも、ジジイには黙って、ホストクラブに通っていました。

お互いに、やれ茶飲み会に出掛けるだの、将棋を指しに行くなどと、嘘を付きながら出掛けます。


これらの出費は、それぞれが収入を誤魔化したお金から賄われました。

しかし、ジジイは若いババエを、ババアは若いララキをゲットしなければなりません。

かなりの収入がないと、遊びにも行けない現状でしたので、悪事は毎日欠かせませんでした。


ある日のことです。

ジジイがいつもように、他人の山で竹を切り盗んでいると、一本の竹から異様な声が聞こえて来ました。

耳を澄ますと、微かに、赤ん坊の泣き声のような声が聞こえます。


ジジイは不審に思い、その竹だけ慎重に根本から切り倒しました。

するとどうでしょう。

2番目の節目から、女の赤ちゃんが現れたでは有りませんか・・・


『ほう、これはこれは・・・』

その赤ちゃんは、ジジイも目を瞠るくらい、黄金色に輝いていました。

ジジイは喜び、早速その赤ん坊を家に連れて帰ります。


ババアも、これには喜びました。

天からの授けとばかりに、その娘に『プリンセス・バンブー』と名付け、二人して可愛がったのです。

その日から、娘を育てるために、二人はより一層に悪事に励みました。


しかし二人共、KTVとホストクラブ通いは止めません。

但し、子供の面倒を見なければならないので、お互い代わりばんこでしか行けなくなりました。

そんな老夫婦をよそに、プリンセスはすくすくと大きくなり、たったの3ヶ月で成人の女性になりました。


顔とスタイルは、抜群です。

しかし、性格が宜しく有りません。

何せ、あの強欲の老夫婦に育てられた娘ですよ。


良いわけがないのです。

最初こそ、ジジイとババアは、このプリンセスを可愛がりましたが、最近は疎ましくなっていました。

何かにかこつけて、ジジイとババアをこき使うプリンセスです。


しかも、超贅沢で我儘でした。

ジジイとババアの稼ぎが少しでも悪いと、悪たれをついて罵ります。

お陰で、最近では、お互い夜の街へは、繰り出せなくなりました。


(こんなことになるくらいなら、拾うてくるのでは無かったわ・・・)

ジジイは後悔しましたが、もう後の祭りです。

大きくなって凶暴化しているプリンセスには、ジジイもババアも逆らえません。


そういう時のことです。

プリンセスに、縁談の話が舞い込みました。

元々、顔とスタイルは良いのです。


『是非とも嫁にほしい』という申し込みが、後を絶ちません。

ジジイとババアは、これはチャンスとばかりに喜びました。

プリンセスがお嫁にさえ行ってくれれば、二人は、この悪夢のような生活から抜けだせます。


そうなれば、再びKTV及びホストクラブ通いも、再開出来るでことしょう。

しかし、プリンセスは、中々首を縦に振りません。

しかも、あまりしつこく迫ると、プリンセスは、ジジイとババアを拷問に掛けます。


老夫婦は、もう毎日を泣いて暮らすしか有りませんでした。

丁度その頃、都のお姫様が、お忍びでジジイとババアの住んでいる村を訪れました。

そして、あろうことか、ジジイとババアの家で、休息することになったのです。


まあ、トイレにでも行きたくなったのでしょう。

お姫様は、厠(かわや)に入りました。

それを見ていたのは、プリンセスです。


彼女は、いきなり発情しました。

無言で厠に入ると、お姫様を誘拐(さらっ)て、自分の部屋に監禁しました。

そうなんです。


彼女は、実はトンボイだったのです。

道理で、男に興味を示さないはずでした。

それはともかく、お姫様の家来達は、この事態には驚きました。


プリンセスの部屋を大勢で取り囲みましたが、何分にも姫が人質になっているので手が出せません。

業を煮やした家来達は、『姫を渡さないとこのジジイとババアを殺すぞ!』と脅しました。

が、プリンセスは、一切お構いなしです。


悠々と、お姫様の身体をむさぼっていました。

可哀想に、ジジイとババアは、家来達に殺されて仕舞いましたが、それでもプリンセスは平気です。

お姫様も、プリンセスには満更でも無さそうでした。


監禁3日後、姫の父である王様は決断しました。

姫の要望も有り、プリンセス・バンブーを正式に姫の夫として、城に迎え入れることにしたのです。

二人はそこで、死ぬまで仲良く一緒に暮らしましたとさ!


ああ、今回も何の教訓ににもならない物語でしたねえ・・・(爆)

nice!(0)  コメント(12) 

梅太郎 [フィリピン童話]

かわり梅1.jpg

昔々、フィリピンには、梅すら有りませんでした。



・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・



おしまい!(爆)
nice!(0)  コメント(18) 

桃太郎 [フィリピン童話]

illust3609.png

昔々から、フィリピンには、桃が有りませんでした。


・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・


終わり・・・!(爆)
nice!(0)  コメント(12) 

フィリピン童話集 『ピーナキオⅡ』 [フィリピン童話]

2012052701560543.jpg

前回のお話はこちらから・・・

読んだことない人は、どーぞ!

さ~て、続編のはじまりはじまり~~~♪♪


あれから、一年の月日が流れました。

ピーナキオの悪夢は過ぎましたが、『ひでじい』は相変わらずの一人暮らしのままです。

喉元過ぎれば熱さを忘れるの例えの通り、今の『ひでじい』は、やはり寂しさを抑えきれません。


たとえ悪夢のような生活であっても、もう一度、生きたピーナキオに会いたくなりました。

(全く懲りないジジイだな・・・)

作者ももう、呆れ果てるばかりです。


こうと思い立ったら、居ても立っても居られないのが、『ひでじい』の性格なのでしょう。

彼は、早速新しい木彫の、『ピーナキオⅡ号』の制作に取り掛かりました。

今度は、悪魔の様な性格ではなく、出来るだけ観音様のように、優しい顔立ちに彫っていきます。


渾身の力を振り絞って、『ひでじい』は『ピーナキオⅡ号』を三週間で彫り上げました。

『う~む、これはこれは・・・』

『ひでじい』からみても、会心の作とも言える、新しい人形が出来上がったのです。


白木を使ったので、色白の人形に仕上がっていました。

顔も、以前と比べて、すごく上品で優しそうです。

(後は、女神様を呼んでお願いするばかりだな・・・)


『ひでじい』は、そう考えてただけで興奮して、その場で小便を漏らして仕舞いました。

しかし、そんなことにはお構いなしの『ひでじい』です。

濡れた下半身のまま、早速女神様を呼び出すために、熱心に祈り始めました。


『ひでじい』が祈り始めて3時間余り・・・

願いが通じたのか、『ひでじい』の前に、例の女神様が現れます。

(とほほ、又こいつかいな・・・)


女神様は、『ひでじい』を見ると、流石に嫌な顔をしました。

『ひいっひっひっひ、これはこれは女神様、又お願いがあってお呼びしました、どうかわしの願いを

叶えて下さらんか・・・)


『ひでじい』は、濡れた股間に、不気味な愛想笑いを浮かべながら、女神様にそう云います。

女神様は、それを見ただけで、もううんざりです。

『で、何の用なのよ?、おっさんの願いは、以前も叶えて上げたでしょ?、まだ何かあるの?』


『それがそのう・・・』

『ひでじい』は、流石に気が引けるのか、恥ずかしそうに女神様に向ったまま口を閉ざします。

こうなると、余計にいらいらが募る女神様でした。


『わかったわ、早く言いなさい、そうすれば、今度も願いを叶えて上げるから・・・』

もう、すっかりと、女神様の御機嫌を損ねてしまった、『ひでじい』です。

が、『ひでじい』は、恐る恐る自分の願いを、女神様に伝えました。


願いを聞いた女神様は、さすがに呆れて物も言えません。

しかし、一度は願いを聞き届けてやると約束した手前、後には引けません。

超面倒くさいながらも、『ひでじい』の願いを届けてやることにしました。


『お前の願いは聞き入れられた、明日の朝になれば、そなたの作ったその人形に、魂が吹き込まれ

ているであろう・・・、しかし良いか?、今度はもう、取り消しは聞かんぞよ・・・』

女神様はそう言うと、『ひでじい』の前から姿を消しました。


『ひでじい』はもう、泣かんばかりに喜びました。

(ういっひっひっひ、明日になったら、明日になったら、こいつとあんなことをしたりこんなことをしたり

出来るのじゃ、ああ、楽しみじゃのう・・・)


自分が彫り上げた人形を前に、『ひでじい』は余程興奮が募ったのか、射精までして仕舞いました。

(ああ、勿体無い勿体無い・・・)

明日のために取っておけば良い物を、これだから年寄りはいけません。


『ひでじい』は、思い切り後悔しながらも、その夜は寝ることにしました。

『コケコッコー』

一番鶏が鳴き、朝になりました。


『ひでじい』は、いそいそと寝床から起き出します。

そうして、『ピーナキオⅡ』の姿を探しました。

(おかしいな・・・)


確かに、昨夜は自分のベッドの脇の壁に、立て掛けて置いた筈です。

それが、今は確かに居ないのです。

『ひでじい』は、焦りました。


『ピーナキオ』は、ふらっと、外にでも出て仕舞ったのかも知れません。

そうなると、あの美形ですよ。

誰かにでも誘拐されたら、これは一大事です


『ひでじい』は、急いで外に飛び出して行きました。

その時です。

近所のサリサリストアで、タバコを買っている『ピーナキオ』を見つけました。


彼は、急いで『ピーナキオ』に近づいてこう言いました。

『おい、『ピーナキオ』よ、一体そこで何をしておるのじゃ?』

『何い~、見ても分からねえのかこの糞じじい、俺はタバコを吸ってんだよう・・』


まるっきり、男のような声で『ピーナキオ』は言いました。

『それでよう、俺はパチンコに行きたくなったから、とっとと銭を寄越しな!』

そう言って、更に追い打ちの言葉が、『ピーナキオ』から発せられました。


『ひでじい』は、もうショックで口が聞けません。

どうやら『ピーナキオⅡ』は、女の身体を持ちながら、男の心を持って生まれ変わって来たようです。

どちらにしても、嫌々ながらに、女神様が適当に入れた魂です。


まあ、生きてさえ居れば、男と女、どっちでも構わないとでも、思ったのかも知れません。

『ひでじい』は、最後のあがきで、『ピーナキオ』に抱きついてみました。

その瞬間、『てやんでえ・・・』と、投げ飛ばされて仕舞った『ひでじい』です。


その言動といい行動といい、これは間違いなく男でしょう。

『ひでじい』は、投げられる前に、『ピーナキオ』の股間に触れて居ました。

そこには、無い筈の男の一物が、確かに有ったのです。


そして、『ひでじい』は、『ピーナキオ』の顔を、よくよく観察して見ました。

すると、どうでしょう。

顔にはうっすらと、ヒゲが生えているでは有りませんか・・・


もう、『ひでじい』の見立てに、間違いは有りません。

『ひでじい』には、これからの生活が、想像出来ました。

今度はやれるどころか、一生こき使われるだけなのは、間違いないでしょう。


それからの『ひでじい』は、泣いて暮らすしか有りませんでした。

女神様には、キャンセルは許さないと念を押されています。

『ひでじい』は、そう考えると、腹をくくるしか有りません。


そう覚悟を決めた『ひでじい』でしたが、蓋を開けて見ると、全然想像と違いました。

すっかりと男の服装になった『ピーナキオ』改め『ピーノキオ』は、プレイボーイ振りを発揮し始めた

のです。


ガールフレンドの数も、半端では有りません。

両手には、遥かに余るその女達に、彼は貢ぎさせ始めたのでした。

掃除洗濯も勿論、その女達の仕事です。


『ひでじい』は、すっかりと働く必要はなくなりました。

やることといえば、『ピーノキオ』の秘書的な仕事ばかりです。

女の娘のローテーションや、喧嘩の仲裁などが主な仕事になりました。


それに、気前の良い『ピーノキオ』は、時々自分のガールフレンドを、『ひでじい』に回してくれます。

衣食住に女と、『ひでじい』には思って見なかった展開に目を丸くするばかりでした。

そうして彼は、死ぬまで幸せに暮らしましたとさ!


ああ、これでは、何の教訓にはなりませんねえ・・・(爆)


nice!(0)  コメント(16) 

フィリピン童話集 『ピーナキオ』 [フィリピン童話]

5c97087b20158dd8bcb7daca809a96d7.jpg

むかしむかし、暴走半島の漁師町に、『ひでじい』、と呼ばれる老人が、住んで居ました。

『ひでじい』は、大層な女好きで、その中でも、フィリピーナが大好きなじじいでした。

Pパブにいつも遊びに行きたいのですが、貧乏な『ひでじい』には、金が有りません。


(ああ、ピーナに会いたい、ピーナとやりたいものじゃ・・・)

いつもそう思い続けていた、『ひでじい』でしたが、せいぜい、想像だけで股間を膨らますしか、彼に

は、方法が有りませんでした。


ある日のことです。

『ひでじい』は、フィリピーナの形をした、等身大の、木の人形を彫ることを、思い付きました。

そうして出来上がったのが、『ピーナキオ』です。


しかし、所詮は、木で出来た人形でしか有りません。

『ひでじい』が抱きつこうがキスをしようが、何の反応もして呉れないのです。

『ひでじい』は、その『ピーナキオ』を抱きながら、いつもため息を付く毎日でした。


そんな日が続いた後、その『ひでじい』を哀れに思ったのか、彼の前に女神様が現れました。

そして、女神様は、『ひでじい』に向かって、こう言ったのです。

『これこれ、そなたの望みなら、何でも叶えてやるぞよ・・・』


これには、『ひでじい』も大喜びです。

早速、『ピーナキオ』を、本物のピーナに替えて欲しいとお願いしました。

するとどうでしょう・・・


たちまちの内に、『ピーナキオ』に魂が宿ったのか、本物のピーナに変身したでは有りませんか。

『ひでじい』は、もう狂わんばかりの大喜びです。

女神様の目の前であるにも拘わらず、あんな事やこんな事を始めます。


勿論、本物ですから、味は抜群でした。

『ひでじい』は、それから暫くの間、幸せな日々を送ることになります。

ところがでした。


数カ月後の『ひでじい』の生活は、それはもう悲惨なものに変わって居たのです。

『ピーナキオ』は、大嘘付きでした。

しかも、横着者で、家事などは一切しません。


贅沢好きでも有ったので、『ひでじい』は、死に物狂いで、働かなければなりませんでした。

その内に、夜の回数も、味を占めたのか、何度も求めてきます。

(か、勘弁してくれ、も、もう死んでしまう・・・)


そう、『ひでじい』が思った時、女神様が再び現れました。

『ひでじい』は、ここぞとばかりに、女神様に『ピーナキオ』の処分を訴えます。

女神様は、『ひでじい』のその願いを叶えてやりました。


こうして、『ピーナキオ』は、元の木人形に戻っていったのです。

『ひでじい』は、これで助かったと、九死に一生を得た気分になりました。

皆さん、ピーナは本物ではなく、あくまでも、想像の世界だけで愛しましょうね!(爆)



nice!(0)  コメント(22) 

フィリピン童話集 『オオカミ少女』 [フィリピン童話]

design_img_f_1436161_s.png

むかしむかし、フィリピンのある村に、『オオカミ少女』と皆から呼ばれる、少女が住んでいました。

彼女は、何故、『オオカミ少女』と呼ばれたのでしょう?

それは、彼女が村人をからかおうと、毎日のように『狼が来るぅ狼が来るぅ』と叫んでいたからです。


臆病な村人達は、人喰い狼が怖いので、それを聞くと逃げ惑います。

少女は、それが面白くてやめられません。

慌てふためく村人達を見て、少女は手を叩いて喜んでいました。


さて、『オオカミ少女』として村人から嫌われたその少女も、数年先には大人になります。

18歳になった彼女は、仕事をしなくてはなりませんでした。

彼女は、嘘つきの割には、顔は美人です。


美人の嘘つきといえば、職の相場は決まっているでしょう!

彼女は、村外れの街道にある、KTVで働くことになりました。

ここは、天下の往来なので、旅人も沢山入ります。


嘘をつくのが上手い彼女は、瞬く間に古参のババエを抜いて、店内NO1になりました。

男共は、彼女の口からでるデマカセに酔い、貢物を沢山持ってきます。

現金は勿論、宝石や携帯電話、中には車や家をプレゼントする者も現れました。


彼女がその内、村一番の大金持ちになったのは、言うまでも有りません。

村に住む娘たちの間では、彼女は次第に、崇拝の対象になっていきました。

その内に、『うそつき塾』というのを立ち上げましたが、彼女に弟子入りする娘が後を絶ちません。


こうして、彼女は歳を取ると、『うそつき塾』は、プロモーションという名前に変わっていきました。

彼女は、塾生をタレントと称して、次々と日本に送り込みます。

PP(フィリピンパブ)全盛期は、こうやって作られていったのですね。


私も、初めて知りましたわ!(爆)

過去記事は、こちらから・・・

たまに続く・・・


nice!(0)  コメント(18) 
フィリピン童話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。