So-net無料ブログ作成
検索選択

バクラーランの思い出 [雑記帳]

024.JPG

たかがバクラーラン、されどバクラーラン!(笑)

しかし、我ながらここが好きなんですよねえ・・・

ここは、マジで香ばしいエリアですぜ。


出たり入ったりはしていますが、それでも18年間の在比生活中、ここは12年以上の滞在にはなります。

まあ、それだけに、この危険エリアと呼ばれる地域の中で、数え切れない程の経験をして来ました。

住んでいた場所の近所だけでも、殺人、誘拐、レイプ、泥棒、スリ、強盗の事件はザラですわ。


中でも、一番衝撃的だったのは、2000年4月の聖週間に起きた、宝石店襲撃事件ですね。

小さなビルの一階に、テナントとして入っていた宝石店が、強盗団に襲われました。

この際、警備員を一人撃ち殺し、犯人軍団あろうことか、手榴弾を無作為に3発投げ込み逃走したのです。


幾ら逃げ道を作るためとはいえ、これで一般市民を含む、多数の死傷者が出ました。

当時私が住んでいた通りに病院が有ったのですが、そこへ運ばれる怪我人の数が、凄まじかったですわ。

犯人軍団は、8人中4人まで、私の友人でも有る地元ののポリス達がその後捕まえました。


現場にも駆けつけて見ましたが、そこはもう血の海でパニックでしたね。

とても悲惨すぎて、ここでは書けません。

あの時の犯人は、いまでも憎いです。


総勢8人が死亡、30人以上が重軽傷を負いましたから、無差別、大量殺人と言ってよいでしょう。

当時、大きなニュースとして、TV新聞を賑わせたのは、言うまでも有りません。

そういう意味では、バクラーランは、比国人にとっても、物騒だというレッテルを貼られる出来事でした。


とても危険な所では有りますが、人情味は有りますよ。

そこは下町ですから、面倒見の良い人が集まっています。

貧乏人は、皆助けあって生きると言うのか、私も随分とここの住人には助けて貰いました。


当時の私は、可哀想な困窮邦人と見られていた(今でもそうですが)ので、こいつは助けてやらないとい

けないやと、思われていたのでしょう。

当時は、路上で毎晩宴会でした。


酒もつまみも各々持ち寄りですが、金のない人は参加するだけです。(笑)

金の有る人だけが、持ち寄れば良いのですな。

しかも、この国での路上宴会は、皆、上半身裸と相場が決まっています。(爆)


まあ、裸がユニホームのようなもんですよ。

ですが、私だけは免除にさせて貰っていました。

それは何故か?


そーなんです。

飲んでいると、蚊がわんさか寄ってくるんですわ・・・(涙)

それも、私にだけ・・・


現地の人は刺されないのに、私だけが刺されるんですが、飲み仲間がその理由を教えてくれました。

『お前の血はインポートだから、蚊は、皆お前のことが好きなんだよ・・・』

『酒も血も、ローカル産よりはインポートの方が美味い!』


その時は、変に納得したおいらです。

しかし、最近は、蚊に中々刺されなくなりましたね。

先日なんか、町の食堂で、会社の現地スタッフ達と食事をしましたが、私だけ刺されませんでした。


長く住んでいるので、血液がピノイ化して来ているのでしょうか・・・?

あっ、分かったぞ!

P型脳炎が、悪化してるだけなんだ!(爆)




nice!(0)  コメント(8) 

Walaしべ長者! [雑記帳]

24_1.jpg

今は昔、マラテに初老の困窮邦人の男が住んでいました。

いや、住んでいたと言う表現は、誤りかも知れません。

何故ならば、彼は、住む家すら持たぬ、スクワッターだったからです。


兎に角、彼は路上生活者でした。

3年前に、当時の嫁と、比国のカビテで暮らすことにしましたが、財産を全て嫁に持って行かれ、家も

追い出されて仕舞って居たのです。


彼は、英語もタガログ語も解せません。

そういう努力は、これ迄に必要ないと考えていたからです。

まあ、比人妻を信じて、頼りきって居たのでしょう。


無一文で、突然放り出されました。

妻には、昔から彼氏が居たのに気付かなかった男です。

何度か、家に戻ろうとしましたが、妻が新たに雇ったガードマンに追い返されました。


こうなると、もう諦めるしか有りません。

男は、その日から早速食うに困り果てました。

しかし、最初から物乞いなど出来るはずも有りません。


食うや食わずで、どうにかたった一人の知人を頼ろうと、マラテまで歩いて来ました。

でも、知人が住んでいるはずのコンドが、何処にあるのかが分かりません。

でも、マラテにある、或る日本食レストランには、その知人の紹介で、数回訪れた事があります。


なので、男は、そのレストランを一生懸命探しました。

が、ある筈べき場所に、そのレストランは見当たりません。

彼は、ここ3日ばかり飲まず喰わずでした。


もし見つかれば、彼の知人の名前を言い、食事をさせて貰おうと考えていた男です。

けれども、そのレストランは、潰れてしまったのか、すっかり無くなって仕舞っていました。

がっかりとしたその男は、その場で織り崩れるようにして、膝を地に付け、頭を垂れてうなだれます。


インターネットも知らない彼は、ネットを通じた友人なども居ません。

そういうものも、一切必要ないと彼は考えて居たので、興味が無かったのです。

しかし、人間の生存欲求というものは恐ろしい物です。


空腹に耐えかねた彼は、近所の公園に行き、そこで、食べ物を漁ることにしました。

幸いなことに、男はここで親切な現地路上生活者と知り合えました。

一度、こういう世界に入れば、慣れるのにそんなに月日は掛かりません。


彼は、現地先輩スクワッターに指導を受け、3ヶ月後には、一人前の路上生活者になりました。

最初こそは、中々一人では物乞いが出来ませんでしたが、今では、一人で堂々と出来るようになった

彼でした。


時には、日本人がその公園の近くを通ります。

そういう時は、彼は日本語で話しかけて物乞いをするのですが、日本人はその男を日本人として見ず、

日本語を流暢に喋る、胡散臭いじいさんと決めつけて、無視してさっさと行って仕舞うのでした。


ある夜のこと、公園で寝ていた彼は、お地蔵様の夢を見ました。

特に信心深くもなかったその男でしたが、一応、彼は仏教徒だったのです。

夢の中で、お地蔵様は男にお告げをしました。


『誰でも良いから、この夢から覚めた後に、最初に出会ったおねえちゃんに物乞いして御覧・・・』

男は、夢から覚めました。

そして、早々お告げを実行すべく、勢い良く立ち上がると、急いで辺りを見回しました。


すると、公園側のKTV勤めの女の娘らしい、如何にも帰宅前という感じの女性が、目に入りました。

男は、すかさずその女の娘に向かって、物乞いをしましたが、慌てていたので日本語でした。

『あれえ、貴方日本人?』


女の娘は、驚いてそうその男に尋ねました。

『うん、そうなんだよ、もう3ヶ月以上もここで物乞いをしているんだけどね・・・』

『可哀想なあ貴方、日本人なのにお金がないの?』


『う、うん、実は嫁にお金を取られ、家も追い出されたんよ・・・』

『カワワカナマン(可哀想)、いいよ良かったら私の家へおいでよ。』

親切な女の娘は、男を自分の住んでいるアパートに招き入れ、食事やシャワーも使わせて来れました。


彼女は33歳で、3歳の男の子が一人居ます。

旦那は、日系企業の駐在員でしたが、子供が生まれた直ぐ後に、音信不通となっていました。

それ迄、生活はその日本人が面倒を見ていてくれたのですが、今では彼女自身が働いています。


子供の面倒は、同居している彼女の従姉妹が見てくれていましたが、今度田舎に帰ることになり、彼女は

途方に暮れていたところでした。

渡りに船で、男はその日から、子守として彼女に雇われることになったのです。


彼女は、自分の息子に、日本語の教育を望んでいました。

何れ、どんな拍子で、日本人の父親と再開するかも分かりません。

その日の為の準備でしたが、日本語しか喋れない男は、当然、子守も全て日本語で行います。


三つ子の魂も何とやら、子供はその日本語を、素晴らしい勢いで吸収していきました。

そうして、五年が瞬く間に過ぎて行った、ある日のことです。

男が、夜のんびりとアパートでテレビを見ていると、一人の日本人が訪ねてきました。


事情を聞くと、どうやら男の子の父親らしいと言うことです。

日本人は、最初は、その男を母親の新しい恋人と勘違いしていましたが、男から事情を聞くと、全てを

納得しました。


男からの話で、自分の息子が日本語が喋れて書けるという事に、大変感激したようです。

その内に、仕事に出かけていた母親も帰ってきました。

男は遠慮し、暫く外に出ていることにしました。


一時間後に部屋に戻りましたが、日本人も、彼女である女の娘も、にこやかな顔で男を迎えました。

ハラハラして出掛けた男でしたが、どうやら二人が仲直り出来たようで、ほっと胸を撫で下ろします。

男はその後、事情を知らされました。


音信不通になった当時、日本人には妻が居ました。

子供が出来たことを何とか隠したい一心で、病気を理由に一方的に日本に逃げ帰っていましたたが、その

後奥さんとは違う理由で離婚・・・


しかも、親が死んだことで莫大な遺産を引き継ぎ、今では会社の社長さんになっているそうです。

今度、フィリピンにも、会社を立ち上げるのだと云い、それと、これを機会に、母親と子供も新たに籍に

入れ、日本で一緒に暮らすのだとも言いました。


日本人は、話の最後に、男に驚くべきことを提案します。

世話になったその男に、お礼として現地会社の責任者を、やって欲しいと言ったのです。

男はそれを聞くと、もう有頂天になりました。


そうして数カ月後、男はある会社の責任者をやっていました。

男には、その会社が何の会社かは分かりません。

『恩返しのための方便だから、社長室にでもずっと座ってれば良いよ。』


男は、日本人からそう説明を受けていました。

そして再び数カ月後、男は逮捕されてブタ箱に入れられました。

罪状は、ビサ無し、労働許可無し、会社は違法操業、日本の会社の脱税用トンネル会社等散々です。


大体、日本人が会社の社長になどは、基本的になれません。

男はいいように利用されただけでした。

日比双方から責め立てられた男は、このまま行けばずっと牢屋暮らしです。


一体、あのお地蔵さんのお告げは、何だったのでしょう?

そもそも、そこが大きな間違いでした。

フィリピンには、神様は居るけれど、仏様は居なかったのです!(爆)



過去記事は、こちらこちらから・・・



nice!(0)  コメント(18) 

P型脳炎 [検証]

QXj-GLSh.jpeg
P型脳炎

P型脳炎とは、脳内が全て比女(ピーナ)で埋まり、隙間なく支配され続けた結果、

他の思考能力を奪われ、『勘違い』の連鎖を引き起こす、自己喪失型の症状を言う。

最終的に、全財産を失い、困窮邦人にまで追い込まれる恐れがあることで、外務省からは、注意喚起

まで出ている、恐ろしい病気である。


1)原因

きっかけは、ほぼ日本のフィリピンパブ(PP)である。

患者の多くは、ここで初期感染する。

何故行ったのかは、上司や友人にに連れて行かれただとか、自分で興味があったからとか様々で有

るが、理由はどうであれ、たった一回行っただけで、適合者は感染してしまう。


2)メカニズム

発症のメカニズムは、いくつかの仮説が有るが、統一された学説は無い。

独身、妻帯者、年齢に関係なく、ここに適合する体質の人間であれば、嵌る人は嵌る。

一般的に、今迄もてたことのない男性が嵌りやすいと言われているが、相手が日本人で無い事による

安心感と開放感からか、自分をさらけ出しやすいので、こう言われているふしが有る。

どう言う理由であれ、P型菌が一旦脳内に入り込むと、適合者は、自分が見えなくなるくらいに相手に

のめり込み、一気に症状を悪化させる。


3)主な症状

ここ(PP)に、自分の居場所を見つけた人間は、2度3度と繰り返しやって来るようになり、行くお金が

無くなると、借金をしてまでも通うようになって来るのが特徴。

中には、比女との会話をもっと円滑にしたいと、英会話教室に通う人間もいる。


娯楽の少ない田舎のPPは、特に繁盛しており、比女(ピーナ)に貢ぐためにに山を売ったりととか、

とかく豪快な話題に事欠かない。

サラリーマンはまだしも、妻帯者の自営業者は、自分のお金が自由になりやすいため、これに嵌ると

商売のお金にも手を付けるようになり、借金地獄で、一家離散などという、悲劇も生まれやすいのも

事実である。


一旦、比女と結婚等関わると、離婚、結婚を繰り返す人が多くなり、日本人には2度と興味を示さなく

なる人が多いのも特徴である。

渡比も、数度繰り返すようになって来ると、心境から自分をベテランと思い込み、伝説を作ろうとする

つわものまで出てくる。


最終的に、移住を目標とするようにまでなって来ると、重症に更に磨きが掛かり、怖いものが無くなる

のか、無謀な移住を試み、マネジメントも出来ないのに商売に手を染め、嫁や彼女の言い成りになった

挙句、全財産を失い、捨てられて困窮邦人の道をまっしぐら・・・、というケースが後を絶たない。


4)治療

有効な治療法は、残念ながら未だに見つかっていない。

見つかれば、『ノーベル賞』は間違いなしと言われる程の重病である。

親から勘当を受けようが、妻子に見放されようが、逆境になればなるほど、逆にのめり込むという、他

の病気とは、一線を画すごどの難病と言われる。


5)予防

絶対に、PPには行かないことである。

万が一、断りきれずに行った場合、女の娘の横で、念仏や題目を唱えて、邪気を追い払いましょう!

『怨霊退散、怨霊退散・・・・・』

これで、全財産を失わずに済みます。(笑)



Kikipediaより・・・(爆)


この項目は、書き掛けの項目です。

追加事項が有れば、コメントでお知らせ下さい・・・(爆、爆)



nice!(0)  コメント(16) 

KIMURA KTVがゆく・・・(笑) [雑記帳]

038.jpg

まあ、良くぞこんな場所にオープンさせましたわ・・・

知る人ぞ知る、バクラーランですぜ!(笑)

でもまあ、何と私の地元ですな!(爆)

2015y09m09d_053822127.jpg

18年間、ほぼここを拠点に生きてきました。

この地図の中にあるエリアでも、6回程引っ越しを繰り返して来たのです。

良くぞ、こんな香ばしい所に・・・


我ながら驚くのですが、まあ、この場所と相性が良いのでしょう。

泥棒に3回入られ、スリにも2度やられ、寸借詐欺は数知れずの目に遭いましたが、それも最初の内だけで、

最近は平穏無事で過ごせています。


さ~て、そろそろ本題に入りましょうか・・・

このお店は、マラテに1号店が有ります。

http://masashikimoto02.blog134.fc2.com/


まあ、有名店ですから、ご存じの方も多いことでしょう。

『暗黒喫茶』と呼ばれるLAカフェの、筋を挟んだ隣に有ります。

ここの2号店を、バクラーランに作ったのですよ。

037.jpg

ここは、所謂JKTV(日式)ではなく、あくまでもローカルKTVです。

システムは、セット料金無し,時間制限無し,指名料無し、ハツピーアワー有り(笑)のローカル形式です

が、でもそこには大きな違いが有りました。


ちゃんとおしぼりの提供もありますし、店に入った時、出て行く時には、大きな声で挨拶もしてくれますわ。

これは、ローカルKTVには有りません。

店に入っても、殆ど客を客とも思って呉れないような、対応をされることが多いですね。

026.jpg

店に入る時、大声で『イラッサイマセー』の挨拶を受け、2階に案内されましたが、こういう雰囲気は

良いですし、何よりも、店の中に清潔感が有ります。

いつも行くローカル店に比べ、ゴキブリも徘徊していませんし、ネズミ君達も走り回ってはいません。

025.jpg

席につくと、ミッシェル嬢がやって来ました。

彼女は、1号店から2号店にやって来たそうです。

中々、愛想の有る娘さんですな。

028.jpg

でも私は、このお嬢さんを指名しました。(笑)

入ってまだ6日目・・・

緊張感満載で、私の隣に座りました。


032.jpg

勿論、日本語などは全然喋れません。

て言うか、最初の内は殆ど会話なしでした。

でもまあ、LDを飲む内に、少し気持ちがほぐれて来たのでしょう。

029.jpg

段々と喋り始めましたが、歌には一切興味が無いそうです。(爆)

古かろうが新しかろうが、英語だろうがタガログだろうが、歌は知らないのだそうで・・・(汗)

まあ、その内に勉強して貰いましょう。

033.jpg

その内に、オーナーがやって来ました。

私も、御尊顔を拝するのは、数年ぶりです。

マラテの1号店へは、中々行く機会が有りませんでした。


色々とお話を伺い、情報を交換したりして、楽しいひと時を過ごせましたね。

2号店は、オープンしたばかりで、まだまだ売上や接客の面で、満足はされていないようです。

でもまあ、それも時間の問題ですよ。

036.jpg

オーナーは熱心な方で、私と喋りながらも、スタッフミーティングは欠かせません。

1時間位、接客やその他注意事項を、主要スタッフを交えて話し合っていました。

これも、ローカルKTVには無いことです。

030.jpg

034.jpg

食べ物も美味しかったので、ご近所さんである私にとっては、重宝させて貰えそうです。

バクラーランは良く危険だと言われますが、徘徊せずにポイントだけを攻めるので有れば、全く

問題は有りません。


空港からも近いし、穴場と言っても良いでしょう。

早朝便に乗る方は、ここで最後の夜を過ごすのも一つの手ですね。

あっ、でも何時までやっているのか聞くの忘れた!(爆)


nice!(0)  コメント(12) 

最近のケーブルTV事情・・・ [雑記帳]

img-blackbox.png

最近は、これが大流行らしいです。

主要な家電販売店やハードウェアショップで、良く見るようになりました。

とは言え、まだまだ既存のケーブルTV会社の方が、圧倒的でしょう。


しかし、このボックスローカルチャンネルしか見ないという人には、お勧めですわ。

現在、NHKワールドプレミアムが見られるのは、スカイケーブルしか有りません。

新規契約者は、999ペソほど、毎月支払う必要が有ります。


うちでは、日本のテレビをネットで有料視聴しているので、スカイケーブルは必要ありません。

で、以前はシグナルTVなるものと、契約していました。

しかし、この会社・・・


流石に、あの悪名高きPLDTの子会社だけのことは有りますな。

画質も劣る上に、サービスも最悪・・・

取り付けは早くても、アフターケアなどはほぼ皆無です。


先日、解約をしました。

家族も、ローカルチャンネルしか見ないとのこと・・・

これだと、最初にP2500で機器を買って取り付けるだけで、ずっと無料で試聴できます。


ローカルチャンネルは勿論、アニメちゃんねるやフィリピン映画(古い)も有りますよ。

画質も良いし(日本ほどではない)、最初から、これにしておけば良かったですわ。

この国の、こういう変化は、割りと嬉しいものですね。


nice!(0)  コメント(3) 

ECガス・・・ [雑記帳]

039.jpg

我が家の台所にも、とうとうこれを導入しました。

ECガスと云います。

まあ、FRP製のLPGタンクですな。



何でも、火災時に爆発しにくいとか・・・

では、何故に我が家はこれに変えたのか‥‥‥???

理由は、この間まで使っていたLPGタンクに愛想が尽きたからです。


買う度に、空きタンクを業者が引き取りに来るのですが、代わりに、同じブランドのタンクに

交換していきます。

でも、この品質が均等では無いのですわん。


外装こそ、新しくペンキを塗って綺麗に見せかけて居ますが、中には再生タンクを使用してい

る場合もあります。

本来なら、捨てるべき代物でしょう。

20090811230810700_Mar Roxas warns of defective LPG tanks.jpg

火災多発の折、LPGタンクの爆発で、被害が広がっています。

自治省を始め、関係省庁では、対策に乗り出しました。

取り締まりを強化しているようですが、いつものことで対応が追いつきません。


我が家にも、こいつに当たってしまったのですかねえ・・・

買い換える前の鉄製タンクですが、この間、とうとう小爆発を起こしました。

タンク中の空気量が半端ではなかったのか、バルブを閉めてもガス漏れします。


相当きつく閉めないと、タンクからガスが漏れるのですな。

漏れたガスが、キッチンキャビネットの中で充満し、ボンという音とともに、キャビネットの

ドアを押し開きました。


部屋の中に居た嫁は、台所から聞こえたその音量にビックリ・・・

至急、全ての窓やドアを開け、ガスを追い出しました。

いやはや、危機一髪ですよ。

02.jpg

これが夜中なら、電気をつけた後でズドン!

考えただけで、冷や汗が出ます。

で、このECガス・・・


買ったのは良いのですが、実は相当高いのですわ・・・

タンクとレギュレーターとホースが付いて、何と4,500ペソもします。

しかも、中身は別で、鉄製のタンクの倍以上の値段なのですよん。(滝涙)


まあ、500ペソの割引券を貰っていたので、4,000ペソでの購入でしたが、それでも痛い出費

でした。

あっ、古いタンクは、中身と相殺で引き取ってくれます。


まあ、安全は、この国では自分で買うしか無いので、仕方が有りません。

と、まあ、ここまで書きました。

で、このECガス。


ウエブサイトを探して、ここに貼り付けようとしました。

http://ecgas.com.ph/

が、只今ハッカーに乗っ取られ中・・・(爆)(6/30現在、正常に見られます)


犯人の、犯行声明が見られます。(大爆)(現在は、見られません(爆))

いやあ、暇な連中も居るものですな。

と、言うことで、興味のある方は、FBの方でどうぞ・・・!!!


https://www.facebook.com/ecgaslpg

nice!(0)  コメント(11) 

今日の独り言・・・ ④ [今日の一言]

IMG_3531.JPG


バクラーランで、ローソン発見!



nice!(0)  コメント(8) 

今日の独り言・・・ ③ [今日の一言]

images.jpg

お尻に、おできが出来まいた・・・

痛くて、座れまへん!(号泣)



nice!(0)  コメント(6) 

今日の独り言・・・ ② [今日の一言]

button-refresh-28217.jpg


更新は、忘れた頃にやって来る!(爆)



nice!(0)  コメント(10) 

今日の独り言・・・ ① [今日の一言]

挨拶をする.jpg


眉毛一つ動かすだけで、挨拶が済む国もある・・・

しかし、私達はこれで良いでしょう・・・・!


nice!(0)  コメント(10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。